カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

オリエント 第40話「流星群の一撃」の感想

2019/03/30 23:55 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

(特にここ最近の)黒曜の女神様が俺の好みのタイプど真ん中のいい女すぎるんだけどどうしよう…!?←

つぐみが仲間になった当初は、小次郎とつぐみがすごくぎこちない感じだったのが、今やすっかり仲良くなっていますよね。
つぐみの小次郎への遠慮ないツッコミといい、最後のコマで小次郎を見るつぐみの表情といい、つぐみが小次郎に対して気を許している感じなのが伝わってきましたし。

話の流れ的には、窮地に陥った主人公が新たな力に目覚め、想定外の事態に敵が一旦引くという、少年誌のバトル漫画ではある意味お約束の展開ではありましたよね。

マギではむしろそういうお約束からできるだけ外そうとしていたように感じましたが、オリエントではお約束の展開がこれでもかと盛り込まれているのが興味深いです。

個人的に気になっているのは、4巻で七緒が(黒い鉱石になる前に)武蔵を引き上げてしまったところですかね。
敵があんな詰めの甘いことするなんて、マギではとても考えられないことでしたし。

何はともあれ武蔵が小次郎たちの元に戻ってきてくれて、これからは3人で武士団としてやっていくことができそうで、本当に良かったです。大勢の武士に囲まれて彼らに自分の素質を認めてもらってハハハと笑う武蔵を見てなんかホッとしました。(鬼鉄刀使えないと言われた時は本当どうなることかと)

こうなってくると今後の展開も気になってきますね。武蔵が黒曜の力を使いこなすための修行も必要でしょうし、(今回一緒に戦った人達が鐘巻武士団入りしなければ)新たな仲間を探す必要も出てくるでしょうし、つぐみ以外の女の子キャラも絶対に欠かせないですし!←

つーか、まさかの小次郎の親父さんが物語の重要人物として浮上してきたわけですが、現時点ではなぜ小次郎の親父さんが黒曜の女神を盗み出して、自分の息子の小次郎ではなく武蔵に黒曜の女神を引き継がせたのか、いくら考えてもわからないのでやめておきますね。

五等分の花嫁 第79話「シスターズウォー二回戦」の感想

2019/03/27 21:53 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

かつて「林間学校自体がどうでもいい」と言っていたフータローが「楽しい修学旅行にケチつけんな」と学校行事(イベント)を楽しみにになったのも、四葉のおかげだと言っても過言ではないと思うんですよね。

そして修学旅行でもフータローを楽しませようとしてくれている四葉、林間学校でも十分頑張ってくれていたのに、林間学校は散々だったので後悔のない修学旅行にしましょうね!とまで言ってくれる四葉はまごうことなき天使!

それに比べて他の姉妹たちはどうだ。四葉が自分のことよりもフータローを楽しませたいと考えているのに対して、一も二も五もフータローの気持ちや都合などおかまいなし自分の(フータローに好きになってもらいたいという)欲望を満たすことしか考えていないじゃないか。お前ら少しは四葉を見習えよ!

その四葉といえばテンションがおかしいというかテンションが高すぎるというか、修学旅行の前でテンションが上っているのを差し引いてもどこかいつもと違うように感じました。写真の子のことを聞いてきたときの真顔もちょっと怖かったですし。

最近なんだか私たちの雰囲気悪いって、そんなことを四葉に言わせてしまう一花はちょっと反省したほうがいいんじゃないかな?

フータローにお子様パンツを指摘されたときの真っ赤になった四葉には最高にニヤニヤせざるを得ない…!!でも自分のお子様パンツを指摘されてもセクハラとは言わなかったのに、五月や姉妹たちのことになるとセクハラだと言うところが、自分よりも他の誰かが大事というところが四葉らしいとも思いました。

「誰のフリした誰とかうんざりだ楽しい修学旅行にケチつけんな」 ここ最近の一や二や五には正直ちょっとうんざりさせられていたので、フータローがキッパリこう言ってくれて爽快でした。

なので現状ではフータローに一番ふさわしいのは四葉しかいないと思います(かろうじて次点が三玖かな)。今の一や二や五にはフータローに楽しい思い出を作ってあげることはとてもできない気がする。

初恋ゾンビ 第167話(最終回)「どこにでもある小さな恋の始まり」の感想

2019/03/27 03:38 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

今回で初恋ゾンビも最終回。(特に後半は)うわああああと思わず叫びたくなるような精神的に堪える期間が長く続きましたが、最後はみんないい笑顔で綺麗に終わってくれました。(途中のうあああ展開で疲弊しすぎたせいか、カタルシスを感じるというよりはむしろホッとした気持ちの方が強いです)

なんかまだスッキリしない点が無いわけでもないけど、超絶可愛いボクっ娘セーラーな指宿くん改めリリスちゃんを見たらそんなのどうでも良くなってしまった件←

妹りれき(by西村啓先生) 15件目「カラオケ」の感想

2019/03/24 23:37 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

今回の妹りれき、完璧超人に見える妹ちゃんが実はすげぇ音痴だということが判明。
これは咲太郎が陰で妹ちゃんをストーカー…もとい見守るいつものパターン発動か…!?

夏目友人帳 特別編(LaLa2019年5月号掲載)の感想

2019/03/23 21:59 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話(SPショート特別編16ページ)が掲載されました。
※特別編の時は主人公の夏目以外のキャラにスポットが当てられるようです。
※最近の夏目友人帳は(3ヶ月連続掲載などを除いて)隔月奇数号連載です。
※いつの間にか電子版も紙の雑誌と同日発売になっていたようです。

今月号の夏目友人帳関連情報。
・今回の特別編の主人公は名も無き小者妖怪と中級たち。肝心の主人公の夏目はというと…
・劇場版うつせみに結ぶのブルーレイ&DVDが5月29日発売決定。
・最新単行本第24巻が5月2日発売予定。(田沼とニャンコ先生を抱っこしたタキが表紙…って、二人良さげな雰囲気なんだけど夏目お前大丈夫なのか!?)
・次回掲載号のLaLa7月号は祝第100話(特別編を除く)!表紙&巻頭カラー!
・LaLa6月号の付録はニャンコ先生缶バッジ。

今回の特別編は、小者妖怪が恐ろしい大足妖怪の森に迷い込んでどうしたものかと考えていたところ、頼りになりそうな妖怪=中級たちを見つけて背中にくっついていった(時々手伝いもしたりして)という、たったそれだけのことだけど小者妖怪にしてみれば大冒険だったと、まあそんなお話です。

オリエント 第39話「女神の力」&単行本第4巻の感想

2019/03/21 22:52 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

実はここ3ヶ月で4つ資格の試験を受けていました。
とりあえず試験もひと段落したので、また感想を書く作品を増やしていきたいと思います。
※5月下旬以降また試験が続くので感想が減るかもですすみません。

ブログでの感想の更新は止まっていましたが、オリエントは毎週欠かさず読み続けていました。
っていうか、今マガジンで一番熱くて面白いのがオリエントだと思っています。
特にラストの、弱い味方は邪魔だから自分一人で戦うと言った犬飼四郎に対して、一人一人は弱くてもみんなの力を合わせて立ち向かう展開が胸熱でした。

そして黒曜の女神が最高過ぎる件。
武蔵の身体で戦っている時の女神様はすごくいい表情をしていたけど、
特に小次郎にふっ…と見せたあの笑顔がすごく印象的だったんだな。
オリエントの中でもこの女神様が一番主人公らしいんじゃないかとさえ。

武蔵の力についてもネタ明かしがされていましたね。
なんでも黒い鉱石を持つ者は刀気の流れの支配者で、その場にいる全員の刀気を磁石のように操ることができるとか。
マギのアリババがヤンバルで魔力操作の修行をしたように、武蔵も修行して自分の力を使いこなせるようになれば、活躍が期待できそうです。

それにしてもしばらく感想書いていない間に少年誌の王道バトル漫画らしいすげぇ熱い展開になっていてびっくり。
それこそ連載初期の頃の全然緊迫感の感じられないファンシー鬼とのグダグダなアレは一体何だったのかと…

そうそう最近その鬼が全然出てこなくなったな~と思ったので読み返してみたら、人間同士の戦いが続いているみたいですね。
このブログでも鬼が出ない方が面白くなるのにと書いたことがありましたが、やっぱりそっちの方が断然面白かったです。

あとこれは多分皆さん同じこと思われているのでしょうが、犬飼四郎くらい強ければ、鬼神とかあっという間に全滅させられそうな気がするのですが、

単行本4巻のおまけ漫画でつぐみが武蔵がお父さんで小次郎がお母さんって言っていたのには笑ってしまいました。
でも最近の小次郎は主夫力だけではなく武士らしい活躍も見せてくれるようになってきたので、これからは主夫兼武士兼団長の小次郎の活躍に期待していきたいです。

あとマガポケ?の懸賞の缶バッジが当たりました。
ほぼ単行本と同じデカさ笑

五等分の花嫁 第78話「シスターズウォー一回戦」の感想

2019/03/20 20:20 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

一回戦ということはこれから何週にも渡って今回のような五つ子たちのギスギスドロドロを見せ続けられることになるのかな…それはちょっといやだな…

それはともかく冒頭でようやく三玖がバイトしているパン屋のシーンが出てきましたね。
三玖のパン屋の制服姿!帽子とポニテが似合っていて可愛い!腰に手を当ててちょっと自慢気なところとかもう!最高!
俺これを見るために今までこの漫画読み続けていたような気さえしてきた!!←

三玖のパンが徐々にちゃんとしたモノになっていったのは、思わずおおっとなりました。
三玖がここまで作れるようになって(三玖の頑張りを見続けてきた一ファンとして)俺もすごく嬉しいです。
あと三玖を見放さずに根気よく教えてくれた店長さん?の存在を抜きにしては語れないですよね。
三玖のとっておきをあげるって別の意味に聞こえてドキドキが止まらないんだけど←

四葉はすっかり他の姉妹たちの板挟みになっちゃっていて、見ているこっちまで辛かったです。
少し前までは一花も二乃も姉妹皆一緒にいるのがが一番だと考えていたはずなのに、
今じゃ他の姉妹を出し抜いてでもフータローと一緒にいたいと考えるようになっていて正直なんだかなあと。

五つ子の中でも闇落ちといえば一花のように言われていますが、
四葉は一花とは違う意味で闇を抱えていそうな気がしてならないんですよね。
自分以外の皆で班を…って、あれ四葉が本心で言っているのだとしたら、逆に心配になってきます。
(四葉のアレは頼まれたら断れない性格以外にも何かありそう)

他の姉妹たちが四葉が板挟みになっていることをもうちょっとちゃんと認識してくれれば、違ってくるのかもしれませんが。
ネットでも言われているように五つ子達がギクシャクしているのは大体イチカス…一花が悪いというのには私も異論がありませんが、四葉が他の姉妹たちを無理に繋ぎ止めようとしているからかえってギクシャクしてしまっているという見方もできなくもない気がします。
むしろ四葉は一花が自分のことを利用しようとしてきても、「この腹黒女」と突っぱねる位の方が四葉にとっても五つ子たちにとってもいいんじゃないかとさえ思えてきます。

初恋ゾンビ 第166話「また、はじめから」の感想

2019/03/20 05:37 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

「キミを口説きに来た。(byタロウ)」
ここまできたらもう指宿くんもとい凛々澄を攻略したも同然ですよね。
それにしてもここまで来るのが長かった…本当に長かった…特に後半は辛くて苦しかった…
あとは凛々澄がどんな可愛すぎるチョロインっぷりを見せてくれるのかが楽しみです。

獄丁ヒグマ第12話「月夜」の感想

2019/03/19 02:21 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

ヒグマの父親の仇・アカガネがGIGA版よりもはるかに手強くなっていて勝てる気がしないんだけど…

初恋ゾンビ 第165話「決意」の感想

2019/03/13 07:06 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

イヴや江火野さんに背中を押されて、いよいよタロウは指宿くんのところへ向かうことに…やっべ読んでるこっちまで緊張してきたんだけど…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ