カレンダー(月別アーカイブ)

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

ラブコイ(by稲岡和佐先生、ジャンプGIGA2019vol.2掲載)の感想

2019/01/29 17:05 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

去年ジャンプ本誌で連載されていた「君を侵略せよ!」はまだ記憶に新しいところですが、
作者の稲岡和佐先生の新作ラブコメ読切「ラブコイ」が1月25日発売のジャンプGIGAに掲載されました。

この漫画、本誌で予告が出た時からずっと気になってはいたんですよね。
なぜかといえばもちろんヒロインの女の子が可愛いから!
それに「ラブコメのテンプレを背負った少女が現れ!?」という紹介のされ方するとますます興味がそそられてしまうじゃないですか!

そんでもってさっそくGIGAを買って真っ先にラブコイのページを開いたところ、
センタカラーのトビラ絵には本誌の予告にも描かれていたあの女の子が!
はう~やっぱかわええ笑、それにちょっとツンとしてるところや見た目の雰囲気がニセコイの千棘を彷彿とさせるかも(作品名もニセコイとラブコイだし)。
パン咥えてるところとかいかにもテンプレな感じなのがまたいい。

もちろん稲岡先生のツイッターのチェックも忘れてはいません。
先生はツイッターでこの作品を「ラブコメ擬人化ラブコメ」と紹介されていました。

漫画やアニメのヒロインが現実に現れるなんてこれまで他の作品で腐るほど見てきた展開です。
でも私がこの作品を一押しする理由は、ラブコメのヒロインが現実に現れただけではなく、ラブコメの設定やお約束までもが一緒に現実化されてしまって、テンプレそのものがヒロインのキャラ設定になってしまっているところが新しくて面白いと思ったからです!

たとえばこんな感じのテンプレが、創造者である主人公やヒロイン本人の意思とは無関係に、時と場所などお構いなく発生していて、創造者の主人公やヒロイン本人も制御不能な感じになっています。

・ヒロインといえば食パンくわえて走りがち→ヒロインが触ったものはなんでも食パンに
・戸(ドア)が開かなくなって二人きりで密室に閉じ込められたら、なぜか(主人公の自宅にも関わらず)そこに現れた体育教師が開けてくれる
・隙あらばラッキースケベ

(主人公も言っているように)テンプレというよりはもはや異(超)能力の類に笑
作中で立て続けに発生するラブコメのテンプレイベントの数々はお約束のテンプレのはずなのに予想できないところが、ラブコメのテンプレをいい意味で逆手に取っているところが面白いと思いました。

あとヒロインのラブちゃんが可愛すぎる件、これラブコメでとっても大事。
もちろん見るからにベッタベッタなテンプレツンデレヒロインなところもいい!
けど本当は普通の人間の女の子になりたくて、普通の女の子みたいに笑ったり悩んだり落ち込んだりもじもじしたりするところが俺のハートをわしづかみにしました!

ラブちゃんが普通の女の子になるために主人公の伸斗にキスを迫るところにはニヤニヤさせられまくりでした!
「絶対にキ…キスしてあげっるんだから!」とかそんなこと言われたらもう!もう!

これまたラブコメでは定番の、ヒロインが主人公の優しさに触れて、主人公とヒロインが交流を深める内に、二人が仲良くなっていく過程もしっかりと描かれていて良かったです!
いい感じに二人が打ち解けてきたところで、振り向きざまのキスシーンとか最高すぎでした!
作中では第1話が終わりと出ていましたが、2話以降はどこで読めますか!?二人が相思相愛のキスを迎えるまで続くんですよね!?ぜひ本誌で続きを読みたいです!!

妹りれき(by西村啓先生) 7件目「猫」の感想

2019/01/27 23:16 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

今回の妹りれきは妹様は実はぬこ様が苦手というお話でした。
そしてそんな妹のいくみちゃんのために兄の咲太郎が陰ながら奮闘するという、いつもどおりのハートフルウォーミングな兄妹のお話が繰り広げられていました。

TVアニメ五等分の花嫁 第3話「問題は山積み」の感想

2019/01/27 20:15 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

婚期No.1アニメ、五つ子ラブコメ「五等分の花嫁」の第3話を視聴してきました。

1話でカットされたと思った四葉と一花の下着のやり取りが、ここでキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
先生、四葉の小学生パンツが気になって夜も眠れないんですけど一体どうすれば!?←

今回、四葉が困っている人を放っておけない性格だと紹介されていましたが、
フータローの家庭教師をほっぽり出してバスケ部の助っ人に行ってしまうあたり、
現時点では四葉にとってフータローも困っている大勢の中の一人…に過ぎないんですかね!?

二乃様ファンにとってはごほうび回でしたね。
二乃様のこれでもかというツンデレっぷりにはニヤニヤさせられまくりでした。
(二乃様のツンデレを最大限に引き出していた声優さんってすごいと思いました。)
二乃様はジャージ姿が妙にエロい!(今回はちゃんと自分のジャージ着てましたね。)

フータローは随所でイケメンっぷりを見せてくれていましたが、簡単になびかない二乃様がマジで二乃様。

一花はまだフータローの味方でも敵でもなさそうな感じ。
俺も一花お姉さんにからかわれたいと思ったのは内緒にしてください←
一花といえばなんかちょっと気になるシーンがありましたよね。
どこの誰とも知らぬおっさんと何やら意味深なこと言っていて…

フータローに対しては二乃様よりもむしろ五月の方が頑なな感じがしました。
でも某逆転裁判ばりに五つ子裁判でフータローを問い詰める五月がすげぇ可愛かったです!

前回の三玖、今回の二乃と三玖、五つ子おっぱいの破壊力がアニメだとますますヤバいことになっています。
二乃が三玖のおっぱいに爪を立てるシーンとかもうごほうび過ぎて←

女子力の塊で自意識過剰気味な二乃様と女子としての羞恥心が足りない三玖、
フータローを拒絶している二乃様とフータローに協力的な三玖、
ツンデレで自分の気持ちを素直に出せない二乃様と不器用だけど自分の気持ちを素直にぶつけてくる三玖、
二乃様と三玖が対称的な描かれ方をしていて興味深かったです。

そして今回3話目にして早くも三玖がヒロイン力を発揮し始めました。
五つ子の中でも一人だけラブコメヒロインしていた三玖のヒロインとしての存在感たるや!
これまで異性を意識してこなかった女の子がはじめて異性を意識し始めた時の可愛さたるや!
俺的には花嫁は三玖しかいない!!

夏目友人帳 ビューティフルドリーマーの章(第99話、LaLa2019年3月号掲載)の感想

2019/01/25 00:43 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日(もう昨日か)1月24日発売のLaLa3月号に夏目友人帳最新話が掲載されました。
※ここ最近はおおむね奇数月発売号に隔月連載となっているようです。

今月号の夏目友人帳情報
・本編32ページ
・今月号は夏目友人帳の付録なし、来月号の付録はニャンコ先生ボールペン
・アニメ夏目友人帳展最新情報掲載

そんでもって本編についてですが、西村や北本と下校中の夏目がフトコロから取り出したのは折紙の妖!?
なんかもういきなり冒頭から妖絡みの厄介ごとに巻き込まれている感が全開だけど、どうしてこんなことに!?

五等分の花嫁 第70話「学級長のお仕事」の感想

2019/01/23 07:15 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

3年に進級したら五つ子ちゃん達とフータローが一緒のクラスとか、これはますます学校生活が楽しくなりそうな予感。
⇒2年の時は学校といえばイベントの印象しか無かったので、教室でクラスメイト達と日常のやり取りというのがすごく新鮮でした。

初恋ゾンビ 第158話「疑心」の感想(まとめ転載禁止)

2019/01/23 00:01 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

あ…ありのまま 今回読んだ事を話すぜ!

「(ヒロイン達の)タロウ包囲網だと思ったら
いつの間にか指宿くん包囲網になっていた」

(単行本派の人は)何言ってるのかわからねーと思うけど
俺だってこんなに早く指宿くんの嘘がバレると思わなかったら戸惑ってるんだ
(てっきり単行本1巻分くらいは江火野さんとの話を引っ張るのかと)

女の友情で強く結ばれていた分、騙された裏切られたと知ったときの反動…みたいな?
ラストで世の中にこれ以上恐ろしいものはないくらい恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

D.Gray-man 第231夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・序幕」の感想(ネタバレ有り)

2019/01/22 02:38 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

先日、1月21日に発売のSQ.RISE2019WINTERにD.Gray-man最新話が掲載されました。
※ちなみにRISEの電子書籍版は諸般の事情で1月23日に配信開始だそうです。

今回のD.Gray-man情報まとめ
・センターカラー
・本編は20ページ
・付録に特製カレンダー(どれが過去イラストか新規イラストかの検証はしていません)
・ジャンプショップ等でスケジュール帳2019発売中
・トビラ絵イラストの図書カード100名プレゼント
・星野桂先生新しいスマホ(Galaxy)を購入
・大阪のサイン会情報は掲載されず

そんでもって本編の感想に移らせていただきますが、前回はアレンがたまたま何も考えずに方舟で飛んだ先が実はアレンのはじまりの場所で、ずっと逃げ続けてきたアレンも神田と向き合わざるを得なくなり、そこでやっぱり拳(剣)で語り合う的な展開になって、ついに根負けしたアレンは神田にアポクリフォスの話をすることに…

妹りれき(by西村啓先生) 6件目「念力」の感想

2019/01/20 21:37 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

妹ちゃんのいくみちゃんが超能力に興味津々ですとぉ…!?
…ちょっと俺、エスパー〇〇に弟子入りしてくるわ←

TVアニメ五等分の花嫁 第2話「屋上の告白」の感想

2019/01/19 15:57 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

GYAO!とdアニメストアで婚期No.1アニメと名高い五つ子ラブコメ「五等分の花嫁」の第2話を視聴してきました。

突然だけど、俺ちょっと戦国時代にタイムスリップして戦国武将になってくるかな。
あ、でも、そうすると、現代で三玖に会えなくなっちゃうし、うむむむ一体俺はどうすればいいんだー!?←

そんなわけで今回は原作でも神回と名高い、三女で歴女(戦国武将好き)の三玖がメインの回でした。

三玖の話に入る前に、ちょっと四女の四葉の話をさせてください。
原作派の人にはわかってもらえると思うのですが、五つ子ちゃん達のフータローに対するスタンスが今回のアニメ(原作では単行本1巻中盤)と原作最新話(単行本8巻あたり?)では随分と変わっていっているのを感じます。
でも四女の四葉だけはそれほど大きく変わっているようにも見えないんですよね。

もしこの頃四葉に他の姉妹との仲を取り持ってもらえなければ、五つ子ちゃん達からまともに相手にしてもらえず家庭教師を続けられなかったかもしれない可能性を考えると、フータローは四葉に随分と助けられていたということがわかります。

でもここで一つの疑問が、四葉は相手がフータローじゃなくても他の誰にでもこうなのかなと。
いくら四葉が天使でも、普通、得体の知れない初対面の男子にああも気さくに話しかけられるのかなと。
五月や三玖のように拒絶したり警戒したりする方がむしろ普通の女の子の反応だと思えるんですよね。

もし四葉が写真の女の子だったら、四葉がフータローのことを以前から知っていたなら、初対面のフータローに対する四葉の態度も説明がつくと思うのですが、どうでしょうか…!?

そろそろ三玖に話を戻したいと思いますが、三玖は原作でも一番人気の女の子なんですよね。
いわゆる世間一般の女の子とはちょっとズレてるところ(イケメンよりも戦国武将のおじさんが好き)や、ヒロイン力、(一人の人間としても女の子としても)成長していくところに定評のある女の子で、かくいう私も三玖が一番好きだったりします。

なお三玖の可愛さや魅力についてはツイッターの中の人がこちらのサイトで存分に語ってくれています。

三玖を見てまずパッと見て一番気になるのがあの首のところにかけているヘッドホンなのですが、原作でもまだその理由については触れられていないんですよね。三玖はいつもどんな音楽を聴いているのかも気になります(もしかして単行本のキャラ紹介で載ってたり?)

色々前置きが長くなってしまいましたが、前回に続いて今回のお話も原作に忠実に再現されていて、今回の三玖は最高に可愛くてエロくて、あんなん童貞じゃなくても三玖の虜にさせられちゃうって!!
(※一部で三玖のファンは童貞と揶揄されていたりもします。少し前に童貞殺しのセーターが流行りましたが、三玖は存在そのものが童貞殺しと言っても過言ではない気が)
声優さんが全員あやねるじゃなくなってちょっと不安だった他の姉妹(今回は四葉)のモノマネもすごく似ていて雰囲気出ていて良かった!一花や二乃や五月のモノマネにも期待したいです!

あとツイッターの中の人も言っているように、好きなモノ(戦国武将)を語るときの三玖のコロコロ変わる表情が可愛すぎでした!
もしその三玖の好きな気持ちが実在の人物(というか相手は俺しかいないだろ←)に向けられたら一体どうなってしまうのか楽しみで仕方ありません!
もうこのまま三玖花嫁ルート確定でもいいんじゃないかと。

初恋ゾンビ 第157話「憧憬」の感想(まとめ転載禁止)

2019/01/16 03:54 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

今回のサブタイトル、「しょうけい」とも「どうけい」とも読めるようですね。
ネットでその意味を調べたところ、「あこがれ」よりも「対象に心が強く引きつけられること」の方が、今回のお話的には一番しっくりときました。

その「対象」とは何かといえばもちろん江火野さん…のことですよね。
タロウが江火野に引(惹)かれたのは江火野さん自身の魅力に気付いてしまったというのもあるけど、やっぱ手を伸ばせば触れることのできる生身の身体の破壊力が大きいわけです。
いや決しておっきなおっぱいのことだけを言ってるわけではありませんよ(汗)。
そこ(生身の身体の有る無し)が江火野さんのイヴに対する最大のアドバンテージと言ってもいいわけです。

でも正直今回の江火野さんのやり方は好きじゃないし、ぶっちゃけ「嫌な女」という感じさえしました。
(俺がイヴファンで、江火野さんがイヴを脅かす存在だからかもしれませんが)

タロウはちょっと優しすぎるんですよね。
イヴを守りたいけど、江火野さんを切り捨てることも完全に拒絶することもできない。
だから今回そこを江火野さんに付け込まれてしまったわけで。
やっぱり俺から見たら今の江火野さんは「嫌な女」以外の何者でもないです。

今回のラストまで読んでみて、どうやらここまでは指宿くん&江火野の思惑通りに事が運んでしまっているようですね。
でもこれまでのこの漫画のパターンからしても、絶対後でタロウが後悔したり苦しむことになるのは目に見えているので、正直もうこれ以上タロウを惑わすようなことはしないで欲しいと声を大にして言いたいですね。

とりあえずイヴが苦しむことがなくてホッとしていますが、もしこのままイヴが眠りについてもう二度とイヴとお話ができなくなってしまったら、絶対後でタロウは後悔したり苦しんだりすると思うし、イヴファン的にもその展開はあまりにも絶望的かつ辛すぎるのでやめて欲しい。本当にやめて欲しい。もしそうなったら江火野さんを一生恨む。
(だからといって某まとめの人みたいに作者さんや編集さんのツイッターに突撃して話の展開を変えろと言うつもりはさらさらありませんが)

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ