カレンダー(月別アーカイブ)

02 ≪│2019/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー

妹りれき(by西村啓先生) 6件目「念力」の感想

2019/01/20 21:37 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

妹ちゃんのいくみちゃんが超能力に興味津々ですとぉ…!?
…ちょっと俺、エスパー〇〇に弟子入りしてくるわ←

初恋ゾンビ 第157話「憧憬」の感想(まとめ転載禁止)

2019/01/16 03:54 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

今回のサブタイトル、「しょうけい」とも「どうけい」とも読めるようですね。
ネットでその意味を調べたところ、「あこがれ」よりも「対象に心が強く引きつけられること」の方が、今回のお話的には一番しっくりときました。

その「対象」とは何かといえばもちろん江火野さん…のことですよね。
タロウが江火野に引(惹)かれたのは江火野さん自身の魅力に気付いてしまったというのもあるけど、やっぱ手を伸ばせば触れることのできる生身の身体の破壊力が大きいわけです。
いや決しておっきなおっぱいのことだけを言ってるわけではありませんよ(汗)。
そこ(生身の身体の有る無し)が江火野さんのイヴに対する最大のアドバンテージと言ってもいいわけです。

でも正直今回の江火野さんのやり方は好きじゃないし、ぶっちゃけ「嫌な女」という感じさえしました。
(俺がイヴファンで、江火野さんがイヴを脅かす存在だからかもしれませんが)

タロウはちょっと優しすぎるんですよね。
イヴを守りたいけど、江火野さんを切り捨てることも完全に拒絶することもできない。
だから今回そこを江火野さんに付け込まれてしまったわけで。
やっぱり俺から見たら今の江火野さんは「嫌な女」以外の何者でもないです。

今回のラストまで読んでみて、どうやらここまでは指宿くん&江火野の思惑通りに事が運んでしまっているようですね。
でもこれまでのこの漫画のパターンからしても、絶対後でタロウが後悔したり苦しむことになるのは目に見えているので、正直もうこれ以上タロウを惑わすようなことはしないで欲しいと声を大にして言いたいですね。

とりあえずイヴが苦しむことがなくてホッとしていますが、もしこのままイヴが眠りについてもう二度とイヴとお話ができなくなってしまったら、絶対後でタロウは後悔したり苦しんだりすると思うし、イヴファン的にもその展開はあまりにも絶望的かつ辛すぎるのでやめて欲しい。本当にやめて欲しい。もしそうなったら江火野さんを一生恨む。
(だからといって某まとめの人みたいに作者さんや編集さんのツイッターに突撃して話の展開を変えろと言うつもりはさらさらありませんが)

妹りれき(by西村啓先生) 5件目「親友」の感想

2019/01/14 10:28 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

お兄さん、俺に妹ちゃん…いくみちゃんをくださいお願いします!!

初恋ゾンビ 第156話「手探りのプールサイド」の感想(まとめ転載禁止)

2019/01/09 00:01 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

プールで水着姿…いつにも増して江火野おっぱいの凶悪な破壊力がヤバ過ぎる…

初恋ゾンビ 第155話「H(ヒミツ)ミッション」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/26 21:17 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

たしかに年頃の女の子二人が好きな男子のことで意気投合して(お色気で誘惑する特訓とかして)あれこれ盛り上がる様子は可愛いのを通り越して微笑ましくすらあるんだけど…

FIRE RABBIT!!(byひらかわあや先生)#1「問題児達…」の感想

今週号に掲載されたひらかわあや先生の新連載は消防士モノでした。
サンデーで消防士モノと言えば真っ先に「め組の大吾」が思い浮かびますが、こちらの新連載に登場する消防士たちも大吾に負けず劣らずの型破りな問題児揃い達のようですね。

少年漫画でよくある王道展開だと、主人公のゲーマー少年が五人の消防士の誰かに助けられたことで自分も消防士を目指すことになりそうなものですが、はたしてこの漫画ではどうなることやら…

妹りれき(by西村啓先生) 3件目「怖い話」4件目「ギャル」の感想

2018/12/26 00:01 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

本日発売の週刊少年サンデーに、前号から連載開始した妹りれきの2話目が掲載されました。

この漫画を簡単に紹介させて頂くと、兄が妹の(スマホ)検索履歴を除き見るだけの神漫画です。

今週妹ちゃんが検索した単語は「怖い話」に「ギャル」か…やべぇどっちもすげぇ気になるんだけど!?

妹りれき(by西村啓先生) 1件目「地球温暖化」2件目「ダダダダ」の感想

2018/12/12 00:30 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

今週号のサンデーで、もろ俺好みの妹モノの新連載が始まりました!

この作品に登場するのは、幼い頃は仲良しだったのに、思春期で疎遠になっていった兄・咲太郎と妹・いくみ。
今や妹の考えてることがすっかりわからなくなってしまった兄がふとしたきっかけから妹の意外な一面を知っていくというまあ妹モノでは割とよくあるお話です。

代表的な妹モノでいえば、俺妹ではオタク趣味、いもいもはラノベ作家、それぞれ兄と妹の共通点がありましたが、この漫画の兄と妹の共通点は検索履歴(※PCとスマホを同期させることで両方で同じ検索履歴を見れる)というのがイマドキで新しくて面白いと思いました。

そして何より妹ちゃんがかわいすぎる!これ妹モノではすごく大事!
家族の中でなぜか兄に対してだけそっけないところとか、ちょっと掴みどころのない不思議ちゃんなところがもうたまらん!
(妹モノでよくあるパターンが、兄自身が気付かない内に何か妹にやらかしたんじゃないかと)
っていうか、これ絶対妹ちゃんの方も兄の検索履歴見てるよね!?

初恋ゾンビ 第154話「変化」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/12 00:01 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

つまり指宿くんはタロウとイヴを、かつての正太郎と鏡子さん(初恋ゾンビ)のようにしようとしている…!?
(8巻で鏡子さんが、正太郎が他の女と結婚して、鏡子さんは永い眠りについたと話してたアレ。)

俺も含めて男性読者には、今の指宿くんの気持ち、指宿くんがやろうとしていることを理解するのは、なかなか難しい気がする。
一応少年誌に掲載されてはいるけど、完全に女性読者向けの内容だよねこれ。
指宿くんはタロウのためを思ってやってるんだろうけど、指宿くんのやり方だとタロウも江火野さんも指宿くん自身も誰も幸せになれない気がするけど、本当にそれでいいのか。

ただ、タロウに生きていて欲しいから。

もし俺がタロウだったら、耐えられない。生きてさえいればそれでいいなんて、とても思えない。
もし指宿くんの目論見通りになったら、イヴがすぐ傍にいるのに話すことも触ることもできないなんて、生き地獄以外のなにものでもない。

だんだん見慣れた風景になっていくのかもしれない…

とんでもない。傍で眠っているイヴを見るたびに一生苦しみ続けることになると思う。
タロウは正太郎さんとは違い、初恋ゾンビそのものに恋をしてしまってるから、正太郎さんと同じ生き方はもはや無理な気がする。

初恋ゾンビ 第153話「父の伝言」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/05 03:32 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

どんな形でもいいって…いやだからタロウも俺ら読者もそんな展開望んでいないって…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ