カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.)

ラブコイ(by稲岡和佐先生、ジャンプGIGA2019vol.2掲載)の感想

2019/01/29 17:05 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

去年ジャンプ本誌で連載されていた「君を侵略せよ!」はまだ記憶に新しいところですが、
作者の稲岡和佐先生の新作ラブコメ読切「ラブコイ」が1月25日発売のジャンプGIGAに掲載されました。

この漫画、本誌で予告が出た時からずっと気になってはいたんですよね。
なぜかといえばもちろんヒロインの女の子が可愛いから!
それに「ラブコメのテンプレを背負った少女が現れ!?」という紹介のされ方するとますます興味がそそられてしまうじゃないですか!

そんでもってさっそくGIGAを買って真っ先にラブコイのページを開いたところ、
センタカラーのトビラ絵には本誌の予告にも描かれていたあの女の子が!
はう~やっぱかわええ笑、それにちょっとツンとしてるところや見た目の雰囲気がニセコイの千棘を彷彿とさせるかも(作品名もニセコイとラブコイだし)。
パン咥えてるところとかいかにもテンプレな感じなのがまたいい。

もちろん稲岡先生のツイッターのチェックも忘れてはいません。
先生はツイッターでこの作品を「ラブコメ擬人化ラブコメ」と紹介されていました。

漫画やアニメのヒロインが現実に現れるなんてこれまで他の作品で腐るほど見てきた展開です。
でも私がこの作品を一押しする理由は、ラブコメのヒロインが現実に現れただけではなく、ラブコメの設定やお約束までもが一緒に現実化されてしまって、テンプレそのものがヒロインのキャラ設定になってしまっているところが新しくて面白いと思ったからです!

たとえばこんな感じのテンプレが、創造者である主人公やヒロイン本人の意思とは無関係に、時と場所などお構いなく発生していて、創造者の主人公やヒロイン本人も制御不能な感じになっています。

・ヒロインといえば食パンくわえて走りがち→ヒロインが触ったものはなんでも食パンに
・戸(ドア)が開かなくなって二人きりで密室に閉じ込められたら、なぜか(主人公の自宅にも関わらず)そこに現れた体育教師が開けてくれる
・隙あらばラッキースケベ

(主人公も言っているように)テンプレというよりはもはや異(超)能力の類に笑
作中で立て続けに発生するラブコメのテンプレイベントの数々はお約束のテンプレのはずなのに予想できないところが、ラブコメのテンプレをいい意味で逆手に取っているところが面白いと思いました。

あとヒロインのラブちゃんが可愛すぎる件、これラブコメでとっても大事。
もちろん見るからにベッタベッタなテンプレツンデレヒロインなところもいい!
けど本当は普通の人間の女の子になりたくて、普通の女の子みたいに笑ったり悩んだり落ち込んだりもじもじしたりするところが俺のハートをわしづかみにしました!

ラブちゃんが普通の女の子になるために主人公の伸斗にキスを迫るところにはニヤニヤさせられまくりでした!
「絶対にキ…キスしてあげっるんだから!」とかそんなこと言われたらもう!もう!

これまたラブコメでは定番の、ヒロインが主人公の優しさに触れて、主人公とヒロインが交流を深める内に、二人が仲良くなっていく過程もしっかりと描かれていて良かったです!
いい感じに二人が打ち解けてきたところで、振り向きざまのキスシーンとか最高すぎでした!
作中では第1話が終わりと出ていましたが、2話以降はどこで読めますか!?二人が相思相愛のキスを迎えるまで続くんですよね!?ぜひ本誌で続きを読みたいです!!

D.Gray-man 第231夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・序幕」の感想(ネタバレ有り)

2019/01/22 02:38 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

先日、1月21日に発売のSQ.RISE2019WINTERにD.Gray-man最新話が掲載されました。
※ちなみにRISEの電子書籍版は諸般の事情で1月23日に配信開始だそうです。

今回のD.Gray-man情報まとめ
・センターカラー
・本編は20ページ
・付録に特製カレンダー(どれが過去イラストか新規イラストかの検証はしていません)
・ジャンプショップ等でスケジュール帳2019発売中
・トビラ絵イラストの図書カード100名プレゼント
・星野桂先生新しいスマホ(Galaxy)を購入
・大阪のサイン会情報は掲載されず

そんでもって本編の感想に移らせていただきますが、前回はアレンがたまたま何も考えずに方舟で飛んだ先が実はアレンのはじまりの場所で、ずっと逃げ続けてきたアレンも神田と向き合わざるを得なくなり、そこでやっぱり拳(剣)で語り合う的な展開になって、ついに根負けしたアレンは神田にアポクリフォスの話をすることに…

獄丁ヒグマ第3話「命寿その1」の感想

2019/01/07 20:24 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

(俺ってば茜ちゃん派なのにも関わらず)アヤハさんに笑顔が戻ってから、アヤハさんのことが急に可愛く思えてきたんだけど←

特に「じゃ簡単に倒せるじゃん!パッとサクッと」って全身を使って言ってるところがすげぇ可愛かった!おっぱい揺れてたし!←

これ今回の話を読んで多くの人が予想しているとは思うんだけど、(閻魔大王に分霊印を与えられた)アヤハさんが分霊者になってヒグマと一緒に戦う展開を期待してもいいんだよね!?それにアヤハさん正義感強いし年上だしおっぱいおっきいからすごく向いてると思うんだよね!!←

でも分霊者って(前回ヒグマが)一般人には視えないって言ってたからてっきりヒグマの式神的な何かかと思っていたけど、閻魔大王に力=分霊印を与えられた人間…ということになるのかな?今回登場した分霊者のコバタはアヤハさんと同じように自分も以前ヒグマに助けられたようなことを言っていたしね。

でもこうなってくるといよいよ(GIGA版ではヒグマの無二のパートナー兼サポート役兼母親代わりだった)火車丸さんの出番はなさそう…っていやまだだきっと火車丸さんにも茜ちゃんにも出番はあるはず!

基本的にヒグマもアヤハさんも真面目なので、コバタのようなノリが軽いお調子者タイプがいてくれると、話が盛り上がりますよね。アヤハさんのツッコミも冴えまくっていましたし。

次回は分霊者デビューしたアヤハさんがヒグマの窮地を救う展開に期待してもいいですか!?

青の祓魔師 第107話「SsC23:17b」の感想

2019/01/04 22:15 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

前回の冒頭では俺は生死を超越した存在とか言っていたのに、ラストでは見苦しく生に執着する姿を見せていた燐火改めサタン。
ユリさんはそんなサタンを放っておけないようで、今度こそ救ってみせると強い決意を見せていたのに対して、ユリさんのことが心配でたまらないくせに未だに素直になれない獅郎はというと…

ワールドトリガー第172話「ヒュース⑥」第173話「東隊」の感想

2019/01/04 06:16 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

全千佳ファン待望の千佳の見せ場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

それにしても千佳の破壊力は(物理的な意味でも可愛さ的な意味でも)俺の予想していた以上だった。

獄丁ヒグマ第2話「罪の在処」の感想

2018/12/23 19:08 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

今回のラストでようやくアヤハさんの笑顔を見ることができましたね。

そして本作のヒロインになると思われるアヤハさんはやはり(2歳)年上だった件。
しかもGIGA版ヒロインの室町茜ちゃんがただ守られるだけの存在だったのに対して、(前回閻魔大王に新たな獄卒人にさせられたっぽいシーンが)アヤハさんは火久摩と共に戦うことになりそうな予感が…!?

獄丁ヒグマ(by帆上夏希先生)第1話「現の獄卒」の感想

2018/12/17 01:07 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

本日発売のジャンプで帆上夏希先生の「獄丁ヒグマ」の連載が始まりました。

以前ジャンプGIGAで連載されていた帆上先生の「火久摩の手」が本誌に掲載されてもおかしくないくらいの面白さだったので、本誌で新連載の予告を見た時から期待していました。

地獄から現世に脱走してきた亡者を捕らえて地獄に送り返す使命を帯びた一族の現当主・ヒグマが、捕らえた亡者の手=ザイジュを使役して戦うという基本コンセプトからしてもうすでにこれまでのジャンプ漫画にはない異質な面白さがヒシヒシと伝わってきますが、実際に読んでみたらこれがすごく面白くて期待以上でした。

GIGA連載版ではどちらかというと序盤は設定を読まされている感があったのに対して、本誌連載版は少年漫画では王道のボーイミーツガール的な展開かつ適度に謎が散りばめられていて、ドラマチックな物語展開と迫力のあるバトルで読み応えも十分で、序盤からグイグイと引き込まれました。

GIGA連載版から基本コンセプトはあまり変わっていないようですが、タイトルも含めて色々細かいところが変わっている…のはまあいいとしても、問題はヒロインなんですよね。
自分的にはGIGA版ヒロインの室町茜ちゃん(単行本巻末のキャラ紹介によるとくせ毛かつ色々な意味で飾り気のない女の子で受賞作、その後の読切、GIGA版とずっと登場している)がすごい好きだっただけに、いやもちろん今回登場した来峰アヤハさんも茜ちゃんとは正反対のタイプの魅力的な女の子ではあるんだけど、やっぱり茜ちゃんが登場してなんてヤダヤダヤダー…!!(←おい)

まず1話は文句のつけようのない内容だったので、あとは茜ちゃんさえ登場させてくれれば、大ヒット間違いなしだと思います。

青の祓魔師 第106話「SsC23:17」の感想

2018/12/04 03:45 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

前回、燐火に獅郎を引き合わせたのは完全に逆効果でした。
燐火は獅郎に負けたくないという対抗意識から、職員を人質に取り、たった一晩で大量の知識を手に入れて、ついには自分のことをサタンと呼べと言い始める始末。
前回「経験が伴わないのに大量に知識を与えるのは危険」と言ったユリさんの懸念がまさに現実のものへと…

ワールドトリガー第170話「玉狛第2㉓」第171話「ヒュース⑤」の感想

2018/12/04 01:05 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

連載再開時に告知があったとおり、ワールドトリガーは今回からSQ.に掲載されることになります。
今回は2話掲載でした。今後も2話掲載が続くとすると、1ヶ月で2話で(週刊連載換算で)隔週ペースで読めそうですね。

単行本19巻が同日発売になっています…が、地方だと1日2日遅れです…orz。

今回はSQ.移籍連載開始ということで、色々解説がついてくれていて、忘れかけていたところもあるので、ありがたいです。
ちなみに久しぶりに在りし日のレプリカ先生を見てちょっと泣きそうになったのは内緒です。
もちろんプレゼントの玉狛第2バッジにも応募するつもりです!

センターカラー見開きトビラ絵はメインの4人が勢揃い。
第1話のトビラ絵と同じキャラ・同じ構図ですが、よくよく見ると各人のトリガーが違っていたり、遊真の隣にレプリカ先生がいなかったり、修達が玉狛第2の隊服を着ていたり、みんなの顔つきがちょっと大人っぽくなっていたり、千佳がますます可愛くなっていたりします。

そうそうそれで千佳ですよ。
トビラ絵では圧倒的な可愛さ&生脚フトモモの存在感を放っていたものの、結局本編での出番は冒頭で紹介された1コマだけでした。

本編ではついに遊真&ヒュースが合流、まずは邪魔な太一を倒して、それから影浦や村上鋼相手といった強敵相手にどう戦うのか…!?

ワールドトリガー第169話「玉狛第2㉒」の感想

2018/11/26 22:10 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

連載再開時の告知のとおり、ワールドトリガーは次回からSQ.に移籍となります。
SQ.でも千佳が可愛く活躍するところをたくさん見られるといいなあ。

前回に引き続き今回も千佳の出番が無かったので、テンションがイマイチ上がりません。
そのかわりと言ってはなんですが、勝敗の鍵を握りそうなオペ子達の活躍に注目しています。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ