カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.)

SPY×FAMILY MISSION:13の感想

2019/09/10 19:04 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

話題になっていたので読んでみたところ、嫁で殺し屋のヨルさんが可愛かったので、すっかりハマってしまいました。

なんか流れでヨルさんとロイドがチューすることに!?ヨルさんが初々しすぎてニヤニヤが止まらないぜ!!たきつけた弟のユーリGJ!!ロイドも乗り気だし、こうなったらもうチューするしか…!!

冒頭でヨルさんが人生初のキスみたいなことを言っていて盛り上がってきた!ますます盛り上がってきましたぞー!!←

酒の力で人が変わったかのようにロイドにキスを迫るヨルさんがエロっぽすぎぃっ!!

ユーリの回想シーンの中のヨルさんのごほうびのチューがうらやましすぎる件。
ヨルさんみたいな魅力的なお姉さんがいたらそりゃシスコンになるわな。

…って、結局チューしないのかよ!!
なんとなくそうなるんじゃないかと思ったけどいつものドタバタかよ!!
せっかくヨルさんのチューが見られると思ったのに…!!(血の涙)

しかし今回進展が全くなかったかといえばそうでもないんだよなあこれが。

あのロイドがヨルさんとユーリの姉弟の仲睦まじい姿を見て「他人を羨んだのはいつ以来か」と思えるようになった。
これは疑似家族から本物の家族へと踏み出す大きな一歩ではないのかと。

逆にヨルさんはチョロそうに見えてもなかなかガードが固いんだよなあこれが。
ロイドにはもっとヨルさんの可愛いところを色々引き出せるように頑張って欲しいです!!

青の祓魔師 第114話「SsC23:17e」の感想

2019/09/07 01:38 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

しえみの髪型は前の方が断然良かったのに…!!

そんなわけで(どんなわけで?)今回はしえみと燐の回でした。

メフィストが燐を飛ばすならしえみ(かもしくは雪男)のところじゃないかと思っていたんですよね。

それがこういう形で二人を再会させてくれるとは、メフィストもなかなか粋な計らいしてくれるじゃないですか。
(人間以上に人間の気持ちを知り尽くしているのが逆に怖くも感じますが。)

立場や状況は違えど、サタンにとってのゆりさん、燐にとってのしえみ、重ねて見てしまうんですよね。
ゆりさんとサタンが悲劇だったからこそ、しえみと燐には幸せになってほしいと願わずにはいられない。

燐と雪男をおひさまだと言うしえみの笑顔こそが太陽みたいで、すごく暖かい気持ちにさせてくれる…のは言うまでもないことですが。

こんな子に一生懸命追いかけるねとか言われたらもう結婚するしかないだろうと。

雪男にもこのしえみのセリフを聞かせてやりたいと思ったけど、多分それもうメフィストがとっくに試していて失敗している気がする。
(雪男のことだから「私にとって二人はおひさまなの」の「二人」の部分がどうしても受け入れられなさそう)

せっかく小さい頃からの夢だった天空(アマハラ)の庭に来ることができたというのに、しえみの表情はずっと落ち込んだままだったので心配でしたが、久しぶりにしえみの心からの笑顔が見ることができてホッとしました。

エレミヤ・ウザイ…ウザイって笑
外道院といい加藤先生のネーミングセンスが秀逸すぎて。
(実はウザイには別の意味や由来があったりしたらすみません)

いやでも笑ってもいられないか。
ここでは誰もしえみをウザイから守ってくれる人なんていないだろうし、すごく心配なんだけど。

っていうか、ウザイお前、昔、しえみに一体なにしやがったんだ!?
しえみが過去の記憶を思い出せないのも、聖域?から出ていかざるを得なかったのも、やっぱりお前が原因なのか!?

そんでもってラストではついに青い夜がはじまってしまったわけだけど、一体どうやって誰も手に負えないのを終わらせたのかが気になります。
これまでの話を振り返ってみると、メフィストがサタンと何らかの取引(燐がサタンの器として耐えられるようになるまで成長するのを待ってほしいとかそんな感じの)をした可能性が高いですが。

ワールドトリガー第184話「弓場隊」第185話「二宮隊②」の感想

2019/09/04 00:51 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

つーか、いくら千佳の可愛さ(トリオン)の破壊力がすさまじいからといって、(対戦相手の)お前ら寄ってたかって千佳のことマークし過ぎじゃね?

弓場隊と生駒隊のスナイパーに加えて二宮隊はエースの二宮自ら千佳をマークとか、俺の千佳が人気者過ぎて辛い。

とまあ冗談はさておき、やはり各隊ともに千佳が人を撃てるようになったのかどうかが気になって仕方ないようですね。

(弓場隊のオペ子も言ってたように)それだけ前の試合で奥寺を倒したインパクトが強かったわけです。

そういえば弓場隊のオペ子って初登場でしたっけ!?
見るからに姉(あね)さんといったタイプの女性でしたが、それよりもおっきなおっぱいが気になって仕方ないんですけど←
(少年誌の漫画にしては珍しく女性の胸の大きさがリアル路線のワールドトリガーでこの大きさはマジヤバイ)

試合開始前のミーティングで、弓場をまっすぐ見つめる帯島ちゃんの破壊力ががががが。
こちらはいくら胸を張っても悲しいくらいにまな板だけど(帯島ちゃんの場合は)そこが逆にいい…!!←

今回の話を読むまで小南先輩の解説がどんなものかまったく想像がつかなかったんだけど、今回の話を読んだらいつもどおりの小南先輩だったので(思い切り玉狛第二を贔屓してるし)不安になってきたんだけど本当に大丈夫なのかこれ…だから王子隊の二人も一緒に呼ばれたのだろうか…

そういや木虎がとりまる先輩を好きな設定があったなあと。
木虎がやけに可愛いんだけど、試合開始後はみんなが楽しみにしている(主に修に対しての)ツンデレっぷりが発揮されるのかにも注目したいです。

作戦会議のときも千佳がちょこんとして可愛かったんだけど、どのコマの千佳にも頬に汗が描かれていて、もしかしてちょっと緊張してる!?

そしていよいよ試合開始で転送シーンの千佳も可愛かったけど、表情もいつになく強張っていて、やっぱりちょっと緊張してる!?

王子の解説はどの隊にも公平で安定感があるので安心して聞いていられます。
(でも小南先輩には小南先輩の良さがあるのは言うまでもないことですが)

しかしいきなりヒュースが孤立無援の状態で、これはちとマズイかも。
千佳&ヒュース、遊真&ヒュース、いずれもヒュースありきで作戦を立てていましたからね…

遊真が後からバッグワームを使うかということになったけど、最初から使わない理由ってなんでしたっけ!?

そういえばこういうふうに遊真と千佳が一緒に戦うのってはじめてでしたっけ…!?

千佳が遊真に守られながらも遊真と一緒に戦うのが主人公とヒロインぽくてすげぇ良かった…!! 遊真が千佳のことちゃんとわかってる感じなのが特に…

遊真が千佳を抱きかかえながら走るシーンに思わずドキドキさせられてしまったし。

千佳がハウンドを放つシーンが、戦う女の子って感じですげぇ良かった…!!
なんというかこう不安を抱えながらも仲間に支えられながら自分の意志で前に進もうとするところがね…

それにしてもつい少し前まで千佳はスナイパーとして遠距離狙撃専門だった気がするんだけどいつの間にかシューターっぽいことしてるし。
今回いきなり二宮とバリバリ撃ち合ってるし、でもこっちの方が断然面白いからいいんですけどね。

青の祓魔師 第113話「SsC40:00d」の感想

2019/08/03 16:43 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

雪男の裏切りでイルミナティ内における志摩の立場が危うくなりかねない件。

雪男の監視役としての役割を果たせなかっただけではなく、(ライトニングからの伝言を伝えて)雪男の裏切りを後押しすらしてしまっていますからね。

志摩が「あのひとこれを狙っとったんか!」と言ったのがイルミナティ連中に聞かれていないことを願うばかりです。

志摩にとってもここが人生の分岐点?運命の分かれ道?的なものになるのではないかと。

このままイルミナティに残り続けるか、それとも引き続き雪男と一緒に行動をするか、あるいは雪男を追いかけるフリして一人で逃げ出すか。

ぶっちゃけイルミナティの要塞の場所が正十字騎士團にバレた時点で、志摩は二重スパイとしてもう任務完了してる気がしますしね。

そんでもって藤堂あいつ一体なんなんだよ、誉=女隊長と父娘だって!?
最後の最後で衝撃的な事実がさらっと明かされて、うらやましいぞこんちくしょう!←

これまでも雪男はイルミナティの仲間にならないけど、力は利用させてもらうと何度も何度も言っていたのに…
ルシフェルをはじめとしてイルミナティは雪男の裏切りを予想できなかったのが不思議なくらいです。

藤堂はどうなんですかね?
これまでも雪男に対して何度も正直に生きろ的なことを言っていたし、今回も意味深な視線を送ってきていたし、もしかしたら藤堂だけは雪男の裏切りを予見していたのかも…というのはさすがに考えすぎでしょうか。

俺もライトニングには何も打つ手が残されていないものだとばかり思っていたので、正直ライトニングのことがちょっと怖いんだけど。
っていうか、地球儀を持って寝そべっているシーン、ちょうど出雲のスカートの中が見えそうな角度なんだけど…はっ、もしかしてそれもライトニングの計算の内だったりするのか…!?

んでもって今回の雪男の行動についてだけど、雪男は別に改心したわけでもなんでもなく、雪男にとって正十字騎士團もイルミナティもどちらも敵なのは変わっていなくて、自分の信じる正義のために突き進んでいるだけに過ぎないんだよなあ。

って、ちょ、雪男、おま、さっきの藤堂みたいな表情して、上級悪魔をも殺せる銃を持ち出して、一体何と戦うつもりだよ!?
(サタンを殺す=自殺するためという可能性もなくはないけど)燐と雪男が殺し合うのは見たくないぞ!

ワールドトリガー第182話「玉狛支部⑥」第183話「玉狛支部⑦」の感想

2019/08/03 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

今回は次の対戦相手のエース(主に二宮)対策をするお話だったけど、そんなことどうでもよくなるくらいに今回も俺の千佳が可愛かった件。それとエプロン姿の小南先輩特製カレー。さらにとりまるが二宮隊でにのまるに!?

冒頭で迅さんがランク戦に復帰した話をしていたけど、ランク戦でも未来予知を使っているのかが気になりました。

それにしても最近の遊真がそこらの日本人よりもよっぽど空気読んだ行動しているのには驚かされます。遊真も(精神的に)成長したということなんでしょうが、その反面、初期の頃が懐かしいというか、ちょっと物足りない感じも…

そんでもって俺ら千佳ファンお待ちかねの、今月号の千佳の最初の出番は玉狛支部でのランク戦対策をはじめた時の後ろ姿でした。

ちょこんと座ってる千佳りゅんが可愛くて、思わず後ろから抱きしめたくなるのは、当然すぎて言うまでもないですよね。

遊真が何もできずにやられた弓場対策は1対1で近距離で戦わないこと、以上。

他のみんなが1対1を回避する二宮対策は1対1でどうやれば勝てるのかを対策しました。

弓場と二宮、1対1で無類の強さを誇る二人への対策が、見事なまでに対照的になったのが興味深かったです。

遊真は弓場だけではなくおびしまちゃんについても対戦相手として冷静に分析&報告していたけど、たしかにそのとおりだけど違う俺らが聞きたかったのはそこじゃないと声を大にして言いたい。

自分に憧れる可愛い女の子の後輩ができてどう思ったのかとか、抱きしめると折れそうなくらい華奢な身体だけどギュッとしてぇとか(遊真の性格上絶対言わないそうだけど)、そういうことを聞きたかったんだー!!

千佳りゅんやヒュースと二宮の派手な撃ち合いの一騎打ちはすごく見てみたいかも。
だって二宮隊が出る試合は、他の隊が時間稼ぎで逃げ回って消化不良な感じで終わっていたのがすごく不満だったので。特に東隊。

俺も修と同じく最初は千佳のことが心配で本当に大丈夫かなと思っていたけど、千佳が自分の口からふつうの弾を撃つ(=人を撃つ)と、こんなふうに自分の気持ちをはっきり言うことなんてなかなかないから、一人の千佳ファンとして千佳の強い決意を全力で応援することにしました。

修の返答待ちの時の緊張した表情からの、修に認めてもらった時の「…うん!」がアイビス級の破壊力の可愛さだった件。

とりまると小南先輩のやり取りがただただうらやましくて、俺も小南先輩をいじったりねちねち絡まれたい←

とりまるの二宮隊服姿がさまになりすぎていて、同じ男の俺でもちょっとドキドキしてしまったじゃないか←

ちくkしょう俺も器用なイケメンに生まれたかった…!!(血の涙)

二宮は理屈よりも感情で動くタイプの人って、それってつまり大人げないってことだよね!?

大人げない二宮をどうやって1対1の状況に引っ張り込むのか…たとえば格下の修に挑発されたら頭にきそう!?

小南先輩のエプロン姿と特製カレーが最高すぎる件。俺のお嫁さんになってほしい←

D.Gray-man 第233夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・The way of the three」の感想(ネタバレ有り)

2019/07/22 23:02 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

本日発売のジャンプSQ.RISE2019SUMMERにD.Gray-man最新話が掲載されていました。

今回は巻頭カラー扉絵も含めて37ページ+グッズ紹介ページが1ページありました。

冒頭のシーン、クロス師匠が生き返ったと喜びかけたのですが、そういや過去編に突入しているんでしたっけ。

あいかわらずクロス師匠がカッコ良すぎて、アクマと戦う姿がすごく絵になる件について。

突然ですが犬って35年も生きられるものなんですかね…!?

クロス師匠が35年前にネアの宿主となった「アレン」を探してたじゃないですか。

でも赤腕の少年(後のアレン)は若すぎるから可能性皆無だとも言っていました。

そうなると怪しくなってくるのがマナ=千年伯爵が「アレン」と呼んでいたあの老犬です。
名前同じアレンだし。犬にしてはやけに賢すぎるし。

赤腕の少年が犬に遊ばれる(おちょくられる)シーンには爆笑させてもらいました。
それにしても犬の動きが実によくリアルに描かれていたけど、星野先生犬好きor犬を飼ってたりするんだろうか…!?

ちょっと話が脱線しかけましたが、つまり何が言いたいのかと言うと、ネア⇒犬⇒赤腕の少年とネアの宿主が変遷している可能性はないでしょうか?

マナはネアのことをずっと捜し続けていたけど、実は犬の姿でマナの傍にいたという説は、やはり厳しいでしょうか?

あとは赤腕の少年が「いつか絶対自分の居場所をみつけてやる」と言っていたのが印象的でした。

なぜアレンが(自分がどれだけ辛い目に遭っても)黒の教団=ホームとその仲間達を守ろうとしていたのかイマイチよくわからなかったのですが、アレンにとって仲間達がいる教団はようやく手に入れたかけがえのない自分の居場所=ホームだからと考えるといろいろ納得がいきます。

2.5次元の誘惑(リリサ)by橋本悠先生第5話「"合わせ"の予感」の感想

2019/07/14 15:45 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

前回ラストで登場した、主人公のことを「大っ嫌いな先輩」と言っていた小悪魔チックな後輩ギャルは一体何者なんだー!?

どうやら主人公のことを知ってるみたいだけど、後輩で幼なじみでモデルでツインテールでしかも貧乳…だと!?

そんでもって今回のサブタイトル、リリサと二人でエロい撮影会を期待せずにはいられない…!!←

今回のお話は主人公の奥村と新ヒロインの美花莉(みかり)の幼少期の回想シーンから始まりましたが…

この美花莉って女の子ヤバい、今も昔も変わらず、あざとすぎるくらいに可愛いな。
でもこんな可愛い女の子に目もくれずに、二次元キャラ愛を貫く奥村がかっこ良すぎた件←

そんでもって幼少期のエピソードで美花莉が先輩も漫画も嫌いな理由がわかったわけですが…

でもぶっちゃけ俺的にはそんなことよりも、(リリサが合わせ云々言ってたように)いつリリサと二人でエロい撮影会をやってくれるのか、そこが一番重要なわけですよ(バンバン)←

だって巨乳天使のリリエル=リリサと貧乳小悪魔のミリエル=ミリカのカップリングとか最高すぎじゃないですかあぁあああっ!!!!

あと奥村とリリサが部室で何気ない日常の会話をしているシーンがすごくいいんですよね。
俺にもこんなリリサのような話の合う彼女がいたらなあ(遠い目)

その後、奥村と美花莉が部室前で再会を果たすことになるわけですが…
美花莉の貧乳に水がかけられたシーンに興奮しそうになったのは内緒にしておいてください←

しかしこの美花莉とかいう女、再会直後にいきなり抱きついてきたりして、全然嫌ってないじゃないかよ。
この様子だと漫画が嫌いっていうのもちょっと怪しくなってきたかも。

それにしても美花莉の「せんぱいっ(はぁと)」がリリサの先輩呼びとはまた違った破壊力がある件。

(一部胸のあたりが残念な以外は)完璧美少女の美花莉のこれでもかというストレートすぎる身体を張ったアプローチ。
いかにも三次元的な美花莉のアプローチ方法が、リリサとは二次元という共通の趣味でお近づきになり仲良くなっていったのと比べると、対照的で面白いと思いました。

青の祓魔師 第112話「SsC40:00c」の感想

2019/07/06 03:41 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

うむむむむ今回も燐(主人公)としえみ(ヒロイン)の出番はなかったか…

今回はライトニング達の窮地に颯爽と現れた復活のネイガウスがカッコ良かったです。

ネイガウスが持ってたアルムマヘル銃…っつーかこちらはもはやロケットランチャーですが。

残り一発っつーことは、対サタン用と考えてまず間違いないでしょうね。
(ネイガウスがメフィストに協力していた目的から考えても)

妻子の仇のサタンを倒すためにこんなものまで創り出してしまうネイガウスの執念、嫌いじゃないです。
同じ研究者でもドラグレスクよりもネイガウスの方が(研究にかける理由が)よっぽど人間らしくて共感できますし。

同じアルムマヘル結晶から創り出した武器でも、イルミナティが銃本体(と弾も?)で、正十字騎士團は(ロケット)弾だけという理解でおk!?

ちなみにその弾(銃)で撃たれて憑依していた悪魔が消滅した後の人間がどうなるのかがすごく気になるところですが。
ぶっちゃけ雪男が燐を撃ったらどうなるのか、記憶障害だけで済むのか、それとも…

でもイルミナティと正十字騎士團で同じ設計思想を持った武器が研究開発されていたのが単なる偶然とはとても思えません。
そもそも原材料となる虚無王アルムマヘルの結晶が正十字騎士團で管理されていたことを考えると、騎士団から情報流出していたと推測するのが自然ですが、問題は誰が情報を流していたかです。ドラグレスク一人でここまでやれるとは思えないんだよなあ、となるとやっぱメフィストが怪しい…のか!?

そういや雪男もネイガウスも左目に眼帯しているけど、これって単なる偶然…!?

今回しえみの出番が無い分、出雲が頑張ってくれました。(ヒロインというよりも主に顔芸、リアクション要員としてですが)

制服姿の出雲(の絶対領域)をたくさん見られて良かったです。

それにしてもドラグレスクが間一髪で脱出に成功したことを含めて、ここまでの流れがあまりにもイルミナティ側にとって都合良く行き過ぎている気がするのは私だけでしょうか…!?

まるで何者かに仕組まれているような、そんな気すらしてならないんですよね。

ライトニングはいつも飄々としていてどこまで本気なのかイマイチ掴みづらいキャラでしたが、今回ドラグレスクに出し抜かれて本気で悔しそうな表情を見せていたのが印象的でした。

今回も雪男と志摩の掛け合いは面白かったです。
傍目から見ると志摩が雪男に振り回されているように見えるけど、実は志摩が雪男をコントロールしている説を主張したい。(実際燐やしえみでさえも雪男との人間関係に失敗したのに、ああやってあの雪男とつかず離れずの関係を続けられるのはすごいことだと思うのですよ。)

でもそろそろ雪男の自分探しの到着点が見え始めてもいい頃だと思うんだけど…!?

ワールドトリガー第180話「里見一馬」第181話「帯島ユカリ」の感想

2019/07/04 01:24 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

あれ?181話のサブタイトル違くね?と思われた方、いや自分的にはこれが正解なので。だってどう見ても181話のメインは初登場の帯島ユカリちゃんじゃないですか。ちなみに本当のサブタイトルは第181話「弓場拓磨」です。

初登場でいきなり俺も含めた多くの男性読者の心をわしづかみにした弓場隊の褐色ロリっ子オールラウンダーこと帯島ユカリちゃんですが、褐色でショートカットで線が細い小柄な女の子といえば、90年代サンデー全盛期時代の読者だった自分的にはモンキーターンの青島優子さんを彷彿とさせました。下のamazonリンクの画像のこの子です。

もしかして帯島の名前の由来って、帯をギュッとね!(モンキーターンの作者の代表作)の「帯」に青島の「島」で帯島なんじゃ…ってさすがにそれは考えすぎでしょうかね。

ちなみに今回のお話は修と遊真が緑川のツテで次の対戦相手の情報収集をする回で、草壁隊のNo.1ガンナー「里見一馬」と弓場隊の隊長でガンナーの「弓場拓磨」とオールラウンダーの「帯島ユカリ」が初登場。次の試合で二宮との壮絶な撃ち合いを予感させる回でもありました。

そして残念ながら俺らの千佳りゅんの出番はありませんでした…orz

ついにボーダーで遊真に憧れる後輩が登場、しかも実は女の子でした…とか何その俺得すぎる設定笑
(まあもっとも俺は最初から女の子だとわかっていましたけどね←)

しかも褐色でショートカットでショートパンツで小柄で貧乳線が細くて体育会系後輩属性とか最高すぎる!!!!

それにしてもこんな可愛い女の子に体育会系(応援団?暴走族?)的なノリを強いるとか…弓場GJ!!←おい笑

でももしかして王子達が弓場隊から出ていったのってこの体育会系なノリが嫌だったからとか…いやまさかそんなことはないですよね!?(単行本かデータブックに独立後も弓場隊とは良好な関係だと書いてありましたし)

帯島ちゃんが遊真に一目惚れ(←違)したのは、純粋に遊真の強さに惚れ込んだ(シビれた)だけなのか、それとも遊真に異性的なものを感じているのかいないのかが、私すごく気になります!

ちなみに年齢的には遊真が15歳で、緑川と帯島ちゃんが14歳で同年代なんですね。だから緑川とは知り合いだったのか。

でも今回遊真がお手合わせした感じだと、緑川ほどは強くなさそうな感じ(遊真曰く光るものはあるそうですが)。

今後は個人ランク戦などで帯島ちゃんとの絡み(決してエロい意味とかじゃなくて)が増えていくことに期待したいです。

ちなみに帯島ちゃんが最初に胸を反らせて自己紹介したときのぺったんこな胸に興奮してしまいそうになったのは内緒にしておいてください←

あと遊真が随分低姿勢というか丸くなったというか人当たりが良くなったというか、第1巻の頃と比べるとまるで別人な件。

自分の中では遊真は少なくとも戦闘に関しては男も女も関係ない徹底したリアリストというイメージがありましたが、こりゃちょっと認識を改める必要があるのかなと。

2.5次元の誘惑(リリサ)by橋本悠先生第2話「はじめての撮影会」の感想

2019/06/24 06:08 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

作者がノアズアーツの池沢春人先生ではないかと噂されている、ジャンプ+の新連載「2.5次元の誘惑」の第2話が先週土曜日に更新されました。

今回のお話を要約すると、主人公の夢(妄想)⇒リリサを苗字から名前呼びに⇒リリサとOVA談義⇒リリサとゲーム⇒エロコスプレ撮影の流れでした。

あいかわらずFGOマシュ似の後輩(オタク巨乳メガネっ娘レイヤー)リリサの「先輩(はぁと)」呼びの破壊力がハンパない件。

それにリリサがメガネを直す仕草など細かいところにも作者の性癖…もといこだわりが感じられてすごくいいですよね。

そんなある意味理想の女の子のリリサと同じオタク趣味を共有できるとか最高に楽し過ぎて、もう、ね…

前回から主人公を悩ませているのがリリサエロ過ぎ問題。普通にゲームをしているだけなのにシャツのボタンがはちきれんばかりのおっぱいがががががが。

そしてお待ちかねのエロコスプレ撮影シーンに…ということで今回もまた主人公の後ろでリリサの生着替えシーンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これもう絶対リリサが主人公を誘惑してるようにしか思えないのは俺だけだろうか…!?←!

て、天使だ、天使がおる…リリサのリリエルコスプレの再現度が高過ぎて、まるで二次元キャラが三次元に現れたかのようなクオリティ…あ、あかん、これ絶対可愛すぎて、3次元にも関わらず好きになっちゃうやつだ…

エロコスプレ撮影会も興奮しまくりだったけど、その後に撮影した写真を見ながら主人公とリリサが二人で盛り上がるシーンがリリエルというキャラに対する愛が伝わって来てすごく良かったです。俺もリリサのような女の子と(以下ry

この調子で激エロなポーズもお願いしますね!…って、マジですか…!?今度こそエロ同人みたいな展開に突入しちゃうのか…!?←

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 63話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月12日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ