カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » サンデー(その他) » 犬夜叉第461話「開かれた体」の感想

犬夜叉第461話「開かれた体」の感想

今回のトビラ絵も犬夜叉と桔梗だった・・・第461話の感想です。



●犬夜叉と奈落の戦い

 いつも通り犬夜叉の力をみくびっていて、

 いつも通り強くなった犬夜叉に追い詰められた奈落。

 そして手放した桔梗に犬夜叉が気を取られている間に、

 いつも通り逃げてしまうのでしょうか?



●切り札は鋼牙の足のかけら

 妖怪なのに足のかけらが浄化されても平気なのが気になっていました。

 四魂の玉の場所を悟られた奈落から玉の気配が消えたのは、

 今度こそかけらごと鋼牙を取り込むつもりなのかも。

 ・・・ということは、汚れた四魂の玉がなければ、

 浄化されたかけらに触れても平気なのでしょうか?



●もう一つの切り札はかごめの弓

 一本しか残っていない矢で桔梗を浄化できるかどうか。

 梓山での試練を乗り越えたかごめならやってくれると思います。

 こちらの方が最後の切り札になるかも。



●そういえば、奈落の四魂の玉はどこに!?

 奈落の体の中の闇が別の空間に繋がっている・・・わけないですね。

 夢幻の白夜などの手下の体と繋がっている・・・かもしれません。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ