カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:1「魔法学校!?」の感想

エム×ゼロ M:1「魔法学校!?」の感想

週刊少年ジャンプ新連載ラブコメ第2弾となるエム×ゼロ。

魔法学校を舞台に繰り広げられるラブコメのようですが、

いつの間にか魔物と戦う展開になりませんように(苦笑)



それでは、お約束なシーンが満載のM:1の感想です。



●ヒロインとの運命の出会いは面接試験

 主人公・九澄大賀の面接の答えに思わず笑い出すヒロイン。

 さらにうるうるとした瞳で手を握られれば

 面接試験に集中できるはずがありません。

 まあそれよりも、魔法で世界征服と答える時点で落ちるような気が。



●ヒロインを追いかけて学校に侵入

 侵入生徒・・・のハズが新入生と勘違いされ、中に入った主人公。

 魔法使いの学校というのはありがちな設定ですが・・・

 「首から上」と「ボルト」の合成魔法は面白かったです。

 首から上と下が別々に動く所は笑えました。

 マジックプレートは色々な種類が出てくる予感が。



●上級生との魔法バトル

 男同士には興味がないのでスルー(笑)

 ライバルキャラが現れると話は別ですが。



●主人公のことが気になるヒロイン・愛花

 他の人間が喋ったくだらない事に対するリアクションが可愛らしいです。

 可愛いルックス・個性的な性格はヒロインとしては合格でしょう。



●女だらけの空間に侵入した主人公の「首から上」

 床の上に転がった主人公が上を見ると女子生徒のスカートの中が・・・

 バトルよりもこういう展開の方が断然いいです。

 その後もヒロイン愛花の胸に抱かれてうらやましいかぎり。



●記憶を消されたくない主人公は・・・

 死に物狂いで戦い、見事敵を倒すことに成功(笑)

 よおく見ると魔法はこれっぽっちも使っていませんでしたね。



●ヒロインのフルネームは柊愛花

 主人公が倒した先生は、実は彼女の父親で、

 自分の父親の姿を見た彼女の主人公への好感度は急降下。

 これから段々仲良くなっていく過程が楽しみです。



バトルよりもラブコメ中心になりますように。


広告

関連記事
いいですよね。エムゼロ

自分も一巻買おうかな
[ 2006/06/28 16:35 ] [ 編集 ]
今の所はすごくいい展開ですよね。

このままでいってほしいです。
[ 2006/06/11 23:53 ] [ 編集 ]
エムゼロとても楽しいです。1巻出たらすぐに買おうとおもってます。ラブコメとバトル両方あったらいいな・・・。
[ 2006/06/07 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ