Top Page › 異世界転生 › 盾の勇者の成り上がり › 盾の勇者の成り上がり 第106話「ヴィッチ」の感想

盾の勇者の成り上がり 第106話「ヴィッチ」の感想

2024-05-03 (Fri) 09:10

昨日発売のコミックフラッパーに掲載されたコミカライズ版盾の勇者の成り上がり最新話を読んだ。読んだけど…これは辛い、あまりにも辛すぎる。

錬=剣の勇者がビッチに篭絡されてしまっていて、しかもよりにもよって元康=槍の勇者の目の前で…

俺ら読者的にも一番こうならないで欲しいと思っていた最悪の展開になってしまってたのだから。

しかもビッチのやつ、アニメの時よりも嫌らしさとか狡猾さとか魔性の女っぷりなんかが増してて本当に腹が立つ。

たとえばアニメでは尚文と錬の会話の途中に割り込んできていたのに、コミックでは尚文が席を外した後に一人になった錬に話しかけてきたところとか。

今回の収穫を強いて言えば、元康がビッチの本性を目の当たりにしてようやく目が覚めたこと…と言うにはあまりにも元康が受けた精神的なダメージが大きすぎた。

元康の落ち込みっぷりが尋常じゃない件…さすがにフィーロでもこれは無理っぽいか。いや元康のことだからフィーロの可愛さを目の当りにしたらすぐに立ち直ってくれるかも。

コミック版では細かいところで読者が感情移入しやすいような描写?演出?がされているよね。

たとえば尚文が元康(貶められ拒絶された俺)と錬(ずっと欲しかった言葉をもらいすがった俺)にそれぞれ昔の自分を重ねていたのが、読んでいる側からも感情移入しやすかった。

尚文がただ正論をぶつけるだけじゃなくて、相手の立場や気持ちを考えて、自分はどう言えばいいのか試行錯誤してる感じなのも良かった。

っていうか、今回の錬…都合の悪いことはすべて他人のせいにするとか、俺もとても他人事とは思えなかったし。

もしリアルでそばにビッチのような女がいたら絶対騙されていた気がするし。

ラストで、ビッチがウィッチ(魔女)と合わさってヴィッチと呼ばれてたのには不覚にも笑ってしまったすまん。

広告

Comments






非公開コメント

いくの

No Subject

コミック版の方が断然ヤバい感じがします。
2024-05-12-08:07 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

Re: いくの 様へ

アニメの方は可愛さ強めでしたけど漫画は色気全開の魔性の女でしたね
2024-05-09-00:23 むー
[ 返信 ]

いくの

No Subject

めっちゃエロかったです。あれは騙されても仕方ないです。
2024-05-05-14:43 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

良い意味でビッチというかエロさがありましたよね
2024-05-03-23:56 むー
[ 返信 ]