Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 小説 葬送のフリーレン~前奏~の感想

小説 葬送のフリーレン~前奏~の感想

2024-04-21 (Sun) 21:36

数日前に葬送のフリーレンの小説が発売したらしいね。

この小説、なんと我らが断頭台のアウラ様(+α)が主人公だという話じゃないか。

しかもアウラ様がヒンメル一行に敗れてから再び力を取り戻すまでの間のお話だと!?そんなの絶対買うしかないだろぉっ!!

よしさっそく買ってきたから読んでいくぞ!!

ちなみにフェルンやシュタルク達のお話も載ってるみたいだけど、それはまた後で読むことにするとして。

それじゃあアウラ様のページを開くとするか…ふぉおおおお冒頭からいきなりアウラ様がリュグナーとお話しされてる…だと!?

これまで俺の脳内で散々想像してきたアウラ様とリュグナー達とのやり取りをこうして公式で読むことができただけでも感激のあまり首から上が取れそう←

落ち着け…落ち着け…俺。とりあえず読み進めていくとしようじゃないか。

ヒンメル一行との戦いに始まり、逃亡先での七崩賢のマハトとの緊迫したやり取り、部下のリュグナーやリーニエ達とのほのぼの?とした日常シーン、そしてアウラ様と人間の少年の心温まる交流(!)

え、ちょ、待って、なんでそんなことになってるの!?その人間の少年がうらやましすぎるんだが!!

アウラ様がマハトに影響されて人間の少年に興味を持たれて交流されるとか神展開すぎてもうっ!もうっ!

アウラ様が暇つぶしに「散歩がてらに(村を)滅ぼしてしまおうかしら」とか言ってるのがものすごくアウラ様らしくてニヤニヤが止まらないんだが!!

この小説で書かれているアウラ様が俺らの想像していたとおりのアウラ様すぎて…これを書いた八目先生本当にありがとうございます!!

広告

Comments






非公開コメント