Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第128話「魔導特務隊」の感想

葬送のフリーレン第128話「魔導特務隊」の感想

2024-04-17 (Wed) 06:06

今回のお話、1話丸ごとユーベルとメガネ君がイチャイチャしてるようにしか見えなかったのは俺だけ…!?

魔導特務隊やらとの命がけのバトルでさえも自分達のイチャイチャを盛り上げるのに利用してしまうとはユーベル&メガネ君恐るべし…!!(←違)

ユーベルはメガネ君の前だと人殺しの一面だけじゃなくて恋する女の子の可愛らしい一面も見せてくれやがるから、そのギャップの破壊力に脳がバグりそう。

今回のバトルの疑問、ユーベルが相手の魔法を認識できなかったのって、単純にもう一人の敵が魔法使ってたからとかじゃないの!?

ラント…ラントって誰!?あ、メガネ君のことか!?そのラントことメガネ君がわかりにくい帝国の組織形態をすごくわかりやすく説明してくれててマジ助かった。とりあえず魔導特務隊と影なる戦士は別物ということでおk?

聖杖法院…聖杖…なんかどっかで聞いたことがあるような…!?

広告

Comments






非公開コメント