Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › TVアニメ版断頭台のアウラ様第22話(葬送のフリーレン第28話)「また会ったときに恥ずかしいからね」の感想

TVアニメ版断頭台のアウラ様第22話(葬送のフリーレン第28話)「また会ったときに恥ずかしいからね」の感想

2024-03-24 (Sun) 08:30

ラオフェンだけでは飽き足らずフェルンやシュタルクまで孫(違)にした…だと!?デンケン恐るべし。

やはり俺が弟子入りするのはフリーレンでもゼーリエでもなくデンケンしかいない!!←

今回のフリーレンだけど、

デンケンのように憧れられるだけならまだしも、

ヴィアベルには勇者一行なんだからヒンメルと同じように人助けするのが当たり前のような期待を押し付けられたり、

レルネンには歴史に名を残すためという自分勝手な理由でいきなり殺されそうになったり、

フリーレンも大変なんだなとはじめてフリーレンにちょっとだけ同情した。

でもフリーレンはレルネンを相手にしていなかったけど、俺的にはフリーレンとレルネンのガチバトルも見てみたかったと思ったり。

って、ちょ、ゼーリエ、おま、あんだけフリーレンのことぼろくそに言っておきながら、お前も花畑を出す魔法使ってるのかよと。

でもフランメの花畑を出す魔法がフリーレンとヒンメルの出会いに一役買ってくれて、今のゼーリエにも少なからぬ影響を与えていたことを考えると、下手な攻撃魔法よりもよっぽど歴史に大きな影響を与えているすごい魔法な気がしてきた。

広告

Comments






非公開コメント