Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › TVアニメ 青の祓魔師 島根啓明結社篇 第11話「ピンクスパイダー」の感想

TVアニメ 青の祓魔師 島根啓明結社篇 第11話「ピンクスパイダー」の感想

2024-03-17 (Sun) 19:11

まさか志摩が二重スパイだったとは…いやスパイだったのだけでも驚きなのに、二重スパイって。

今回、志摩がスパイに選ばれた経緯や理由も説明されていて、そこのところはまあ納得したとして。

どっちの組織からもスパイやってるのがバレバレの二重スパイってそんなのアリ!?

茶色からピンク、テレビアニメは髪の色の違いが一目でわかっていいよね。

あれ、おかしいな、中学時代の茶髪学ラン姿ではあるものの、俺が志摩をカッコいいと思ってしまうなんて…

外道院の最期は意外なほどにあっけなかったね。

でも外道院の実験で望まぬ形でゾンビにさせられた人たちが苦しみ喘ぐ姿を散々見せられた後だと、

崇拝するルシフェルに一瞬で殺された外道院はむしろ幸せなんじゃね?とさえ思った。

え、ちょ、なんで志摩のやつ、普通に学園に戻ってきてるわけ!?

しかもなんか志摩二人いるんだけど!?

…ハッ、もしかして二重スパイだから二人いてもおかしくないのか!?…って片方燐じゃん!!

ピンクのズラかぶった燐の志摩のモノマネと、雪男が当たり前のように志摩が二人いるものとして接していたのが、最高に面白すぎるんですけど!?

勝呂や出雲たちが(第二次反抗期とかクソみたいな言い訳ぬかしやがる)志摩カスフルボッコしてて、志摩がスパイだと判明して以降の俺の中のモヤモヤもちょっとはスッキリした…かも!?

でもこれだけは言っておきたいんだけど、しえみや出雲に全裸見られたのあれ罰じゃなくてむしろご褒美だから!!←

ライトニングが襲来もとい突然の訪問、志摩が拷問されるかもしれないと聞いて、ちょっとワクワク…もといハラハラしてしまった。

メフィストは燐達をルシフェルと戦う戦力に育てるために強制的に試練を与えていた、か…まあなんとなくそんな気はしてたけどね。

今回は、勝呂たちが志摩を恨んだり非難するのではなく、心の底から心配していた(からこそ本気で怒っていた)のが伝わってきたよね。

志摩は本当に仲間に恵まれていると思うんだけど、だからこそスパイだと判明したときのショックは大きかった…

広告

Comments






非公開コメント

いくの

No Subject

むしろよくあれくらいで済んだなと思いました。
2024-03-23-20:36 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

まぁ、燐達からしたらあれくらいしても罰は当たりませんよ。
理由はどうあれ本気で心配していたわけですから。
それに仲間から恨まれ役も含めてスパイと思いますから
そういう扱いも含めて志摩自身が選んだ道と思うので
良くも悪くも自分で選んだ道でボコられたり
欺いたりするんなら可哀想とは思いません。
自分で選んだ道なら良い面も悪い面も
どっちも受け入れるべきだと個人的には思ってます。
志摩は信用していますが、酷い扱いを受けても
それは志摩自身が選んだ道なので可哀想とは思わないわけです。
2024-03-23-10:41 花月(かづき)
[ 返信 * 編集 ]