Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › オリエント › オリエント 第149話「全軍突撃」の感想

オリエント 第149話「全軍突撃」の感想

2024-03-08 (Fri) 05:44

ついに黒鬼神・黒犬達との最後の戦いが始まったな。うわっ、読んでるこっちまで緊張してきた。

冒頭で久しぶりに北条の妹姫・玉藻姫が登場!ふぉおおおお、玉藻姫、最高にヒロインヒロインしてて可愛えがったあ…

そんな玉藻姫のためにも何としても獅氏門を救出しなければ…頼んだぞ武蔵&小次郎!

もう一人のヒロイン、つぐみは武蔵達とは別行動になったか…

でも最近のつぐみは重要な役割を与えられることが多いから、今回はどんな活躍をするのか楽しみでもある。

もちろん(冒頭で伊達を心配していた)徳川の翼さんもヒロインしてたことは言うまでもなし。

獅氏門がいなくなったのは戦力的な意味でも痛いけど、武蔵達にとっては保護者?頼れる兄貴分?的な存在だったという意味でも痛い。

だから正直不安だったんだけど、「焦るな。落ち着け」こう言ってくれる竜臣がそばにいてくれる安心感よ…

そういや武蔵達、獅氏門のところに行く前は、竜臣の上杉武士団の庇護下にあったっけ。

前回久しぶりに登場した黒曜の女神様、ある意味この人もヒロインだけど、やっぱこの小さい姿が一番可愛いかも。

そして女神様から、黒鬼神の角を折るには「羅針盤」を破壊すればいいという情報を頂きました!

そういえば以前誰かが女神様のことを羅針盤と言ってたような…前回もそれらしき描写があったし、それで黒鬼神の力を手に入れるには女神様が必要なのか。

え、でも、ちょっと待って。女神様が羅針盤ってことは、もしかして羅針盤を破壊したら女神様死んじゃうんじゃ!?そんなの絶対ヤダヤダヤダー!!

黒犬に囚われの身となった伊達と獅氏門。まさかとは思っていたけど、本当に伊達が黒犬側に寝返るとは…

そして五傑将の出鼻をくじくために武蔵達の最初の相手として裏切った伊達をぶつけてくるとはホント大高忍はえげつない。

俺的にはたいして思い入れもない伊達が裏切ることは心底どうでもいいけど、翼さんを悲しませるのだけは絶対に許せんな。

あともし伊達が裏切ったことが武士団にも伝わたら、五武士団連合はどうなってしまうのかも気になった。

そうして伊達VS武蔵のバトルが始まったわけだけど…え、ちょ、ま、伊達強すぎね?たった一人なんだよね?女神様の力を手にしてるわけでもないんだよね?

伊達のやつ、「俺は紅玉だ」とかいきなり言い始めて、ちょっと頭がおかしくなったのかと思った。だって俺らの知る紅玉はおっさんじゃなくて美少女だぞ!…って、なんだ紅玉ってマギの紅玉じゃなくて魂の色のことだったか。

武蔵のピンチを救ってくれたのがまさかの竜臣だったね。武蔵をも圧倒する伊達の攻撃をいとも簡単に受け止めて見せるとは、え、もしかして、意外と強かったりする!?

敵が初手で武蔵を狙ってくることだけではなく、伊達が裏切るかもしれないことも予想してたっぽいし。

竜臣ってこんなに頼りになるやつだったっけ!?

五傑将仲良しこよしではないのはわかってたけど、まさかああもはっきりと敵対していたのが、ちょっとショックだった。

武蔵をも凌駕する赤刀使いの伊達を相手に黄刀使いの竜臣がどう戦うのかい注目したい。

まあもっとも自分(の団)のことしか考えてない伊達が、竜臣に勝てるとはとても思えないけど。

広告

Comments






非公開コメント