Top Page › 異世界転生 › 無職転生異世界行ったら本気だす › 無職転生 異世界行ったら本気だす 第98話「別れの挨拶」の感想

無職転生 異世界行ったら本気だす 第98話「別れの挨拶」の感想

2024-03-06 (Wed) 05:40

ノルンに「兄さんが行かないんだったら私が行く」とまで言わせたのなら、たとえ勝算が無くても兄として男としてルーデウスが行くしかないだろ!

「俺が行く」よしルーデウスよく決断してくれた!ルーデウスならきっとそう言ってくれると信じていたぞ!

(ただ前回ヒトガミが言ってたリニアやプルセナとのごにょごにょが実現しなくなったのがちょっと残念な気がしないでも…いやなんでもないです。)

なんとなくそうなるんじゃないかとは思ってたけど、ナナホシが転移魔方陣の情報を教えてくれたことで、シルフィの出産にも間に合う算段がついて、これなんかいけそうな気がしてきたんじゃね!?

最初に会った時に命を助けてくれたことからもわかるように、ナナホシはいいやつなんだよな。

今回(も)ナナホシがツンデレ可愛かった、コロコロ変わる表情が可愛かった。

でもてっきりルーデウスとノルンが一緒に母親のゼニスを助けに行く展開になるかと思ってたけど…

ノルンはお留守番か…まだ小さい女の子だから仕方ないけど…ルーデウスとノルンが一緒に旅をするところを見てみたかったのでちょっと残念かも。

でもそうなるとエリナリーゼとの二人旅に!?

ハッ、エリナリーゼといえばあの呪い、男はルーデウスしかいないとなると必然的に!?

そのことなんだけど、二人ともはっきりと「しない」と断言してて、ホッとしたようなちょっと残念だったような←

あとルーデウスが懸念点としてあげていた、ヒトガミの助言に真っ向から逆らう形になったということだけど、

「ベガリット大陸に行けば大きな機運を逃して後悔する」

その機運が具体的に何なのか気になって仕方ないんだけど、まさかリニアとプルセナのことじゃないよね!?

広告

Comments






非公開コメント