Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › TVアニメ 青の祓魔師 島根啓明結社篇 第6話「もう誰も頼れない」の感想

TVアニメ 青の祓魔師 島根啓明結社篇 第6話「もう誰も頼れない」の感想

2024-02-11 (Sun) 10:10

神木母娘のあんな壮絶な過去話を聞かされたら、なおさら出雲は絶対に助け出さなければいけないと思った。

小学生ランドセル出雲の破壊力よ…

玉雲さん、女としても母親としてもダメダメな人だったけど、人間味があって俺は好きだけどな。周りがこの人を甘やかしたくなる気持ちなんとなくわかるかも。

小さいながらも精一杯立派に月雲のお姉ちゃんしてる小学生出雲にちょっと泣きそう。

それにしても神木母娘、三人あんなに仲良かったのにどうしてこうなってしまったのか…

前回まではなんだかんだ言っても志摩がいれば出雲はそこまで酷いことされないだろうと楽観していたけど、今回の外道院を見ていると志摩がいてもなんの歯止めにもなりそうにないし。

なぜ出雲があそこまで他人(しえみや燐達)と距離を置こうとしているのか、ようやくわかった気がする。

それにしても外道院のやつ許せんな、出雲に唯一優しくしてくれたイルミナティの良心・吉田マリアさんにあんな非道な仕打ちをするとは。

…ハッ、まさか急に月雲の実験を行うことになったのは、イルミナティ内部にいる裏切り者をあぶりだすため…とか!?外道院のやつめぇ!!

あとは出雲の母親の玉雲さんを追い詰めた出雲の父親も許せん。ある意味こいつが今回の悲劇の一番の元凶だろ。

もうこれ以上出雲には辛い思いをしてほしくないので、頼んだぞ燐、一刻も早く出雲を助け出してくれ!

広告

Comments






非公開コメント