Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › TVアニメ版断頭台のアウラ様第16話(葬送のフリーレン第22話)「次からは敵同士」の感想

TVアニメ版断頭台のアウラ様第16話(葬送のフリーレン第22話)「次からは敵同士」の感想

2024-02-10 (Sat) 12:01

ハァ~ラオフェンが孫可愛かったなあ…

え、ちょっと待って。なんでラオフェンがデンケンの孫みたいになってるの!?

ドーナツ買ってあげたくらいで手なずけられるものなの!?

…ちょっと俺、デンケンに弟子入りしてくるわ!まずは宮廷魔法使いってどうやればなれるんだっけ!?←

っていうか、デンケンだけど、一次試験の時のカンネたちへの対応や、今回のリヒターとのやり取り見ている感じだと、デンケンからしてみれば(フリーレンを除く)他の受験者全員孫みたいなものだと思っていそう。

孫達(←違)を連れて、生前の妻と一緒に行った思い出のレストランで食事か…ヤバいちょっと泣けてくる。

いつものヒンメル達の回想シーンもいいんだけど、今回はデンケンとレクテューレさんの回想シーンも見てみたかったと思うのは俺だけではないはず!!

あとフェルンがこうやってカンネやラヴィーネ…同年代の女の子たちと仲良く話すところってあまり見たことないような…っていうかもしかしてはじめてかも!?

それに比べてシュタルクは割とすぐに男同士意気投合してるイメージがあるんだけどね。

シュタルクやフェルンにもいつか親友と呼べる存在ができるんだろうか。

あと気難しさに定評のあるフェルンだけど、デンケン師匠ならフェルンにどう接するのかがちょっと気になった。

広告

Comments






非公開コメント