Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › TVアニメ版断頭台のアウラ様第15話(葬送のフリーレン第21話)「魔法の世界」の感想

TVアニメ版断頭台のアウラ様第15話(葬送のフリーレン第21話)「魔法の世界」の感想

2024-02-04 (Sun) 08:06

デンケンって権力争いを生き延びてきた宮廷魔法使いって言うから、てっきりもっと卑怯で卑劣で醜く傲慢なクソじじいかと思ってたのに…いい意味で予想を裏切られたかも。

格上のフリーレンに臆さず真正面から立ち向かっていく姿にはしびれたね。

まあ残念ながらフリーレン達に負けちゃったけど、その後、なんと別パーティーから殴り合いでシュティレを勝ち取ってたのには正直驚かされた。老人で、魔法使いで、魔力切れであるにも関わらず、だ。

まさかデンケンがこんなに男らしくて熱い人物だったとは、フリーレンよりもデンケンの方ががよっぽど主人公っぽく思えてきたぞ。

フリのやつ、フェルンには現代魔法使いに対してあくまで一般攻撃魔法しか使わせないとかぬかしてやがったようだけど、

はたしてそのフェルンの戦法がリヒターやデンケンにも通じたのかちょっと見てみたかったかも。一般攻撃魔法だけでリヒターのあの分厚い岩の壁をぶち破る姿をどうしてもイメージできないんだけど…

ラオフェンがおじいちゃんを心配するいい孫っぷりだった。

それにしてもフリーレンの一般攻撃魔法舐めプ無双、くっそムカつく。

ゼーリエがご自慢の結界を破られたにも関わらず、上から目線なのもムカつく。

でも一番腹が立つのは、デンケンがフリーレンに背中を踏みつけられるのは見て、ちょっとうらやましいと思ってしまった自分←

戦闘中もダラダラ会話してるのでテンポが悪…まあこれも原作通りではあるんだけど。

広告

Comments






非公開コメント