Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第123話「頑張ってきた証」の感想

葬送のフリーレン第123話「頑張ってきた証」の感想

2024-01-31 (Wed) 05:27

なに、またシュタルクのお誕生日回だと!?

くそう、フェルンのような可愛い女の子からプレゼントがもらえるシュタルクがうらやましすぎる!!

しかもちゃんとシュタルクが今一番必要にしてそうなもの=革手袋を選んでくれるとか、普段からどんだけシュタルクのこと見てるんだよ(ニヤニヤ

フェルンのような可愛い女の子から頑張ってきた証とか言われた日にはもう!もう!

そして今回の回想シーンだけど、プレゼント&頑張ってきた証繋がりでシュタルクが師匠のアイゼンとのことを思い出してて、そのアイゼンの口からヒンメル一行時代の話を聞かされるという、これまたすごくいいエピソードだったなあ。

ちなみにフリーレンからのプレゼントは…あの箱の中身がエロ関係じゃないのならどうでもいいや。

それにしても今回もシュタルク、達人みたいな人に稽古つけられてて、こいつ本当に一体どこまで強くなっていくのか…

そのすぐに街の人と仲良くなれるコツを、コミュ障の俺にも教えてほしい。割とマジで。

それはそうと、いつもよりフリーレンの瞳が丸く大きく可愛らしく描かれていたように見えたのは俺だけ!?

魔族と戦うときの憎たらしい感じの細い目つきにとは全然違ってて別人かと思った。

なんかエプロン姿でお説教してくるフリーレンが可愛く思えて仕方ないんだけど。

ぐぬぬぬぬぬおのれフリーレンめアウラ様推しの俺をたぶらかそうとは…!!

新しい街に来たら、新しい年上のお姉さんとの出会いにも期待しちゃうよね。

俺的には「兄ちゃん、力持ちだねぇ」の人妻?さんにドキドキしてしまったことは内緒にしておいてください←

広告

Comments






非公開コメント