Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › オリエント › オリエント 第147話「本音」の感想

オリエント 第147話「本音」の感想

2024-01-09 (Tue) 00:01

え、ちょ、ま、今回のあらすじ、「獅氏門の命を犠牲に~」って、獅氏門死んだの!?

たしかに前回かなり無茶な戦い方してて力の反動で身体のあちこちが崩壊しかけているようには見えたけど…

俺にはどうしても獅氏門が死んだなんて信じられない。黒犬の元に取り残された五傑将の二人、獅氏門も伊達もまだ生きてるはず…そうだと言ってくれよ大高忍ぅー!!!!

…ハッ、そういえば尼子、尼子はちゃんといるよね!…ホッ、良かったちゃんといる。五傑将の二人のことは心配だけど、尼子を無事奪還することができて正直ホッとしてる。

あと武士団内での尼子の扱いがちょっと気がかりだっただけど、五傑将への進言もちゃんと受け取ってもらえたようだし、ちゃんと仲間として迎えられてるようでますますホッとした。

今回武蔵と小次郎のわだかまりが解けたのだって、尼子のおかげでもあるわけだし、やはり武蔵たちにとって尼子は必要な人間だと改めて思ったね。

ただ静六あたりに洗脳やら何やらされていないかとか黒鬼神を倒した後も生きられるのかとか不安材料がないわけじゃないけど、とりあえず今は尼子が帰ってきたことを素直に喜びたい。

そういえば武蔵達、(武田→)上杉→北条ときて、今度は徳川の庇護下に入ったのね…

武蔵達が戦いのカギを握る最重要人物だからこその丁重な扱いなんだろうけど、こうして匿って治療してくれて修行の場所も提供してくれておまけに親身に話まで聞いてくれる徳川翼さんがマジ女神に見えた。

ぶっちゃけ武蔵達がうらやましすぎる俺も徳川翼さんに庇護されたいお話したい。あ、なんか翼さんから次元の壁を越えていい匂いがしてきたかも(←おいw)

何はともかくあとは残り6日間で刀気収束の奥義を習得するのみ!!今度こそ黒犬の邪魔は入らないよね!?

…と思いきや、あれ、当の本人の武蔵がいつになく乗り気じゃない!?「自分が死んで黒曜の女神を小次郎に移す」とまで言うとは、こんな弱気な武蔵見たことがないぞ。

そういや三喜人戦の敗北から武蔵の存在意義を根本から揺るがすような出来事が続いていたけど…それがここに来てついに爆弾が炸裂してしまったわけか。

前回獅氏門に選ばれたのは間違いないと言われたのは信じられないけど、伊達から小次郎の方が力を使いこなせると言われたことは信じてるわけか…

うむむむむむむ今の武蔵は自分の都合の良いように他人のネガティブな言葉ばかり真に受けてしまって、逆にポジティブな言葉は入ってこないというそんな状態のようだね。まあそういうこと現実でもよくあるよね。

それにしても武蔵のやつ、昔、自斎に優しくされたことすら疑ってかかってるとは…よっぽど重症だな。

「何なのあの子は?」ここの翼さんもステキだと思いましたまる

俺的には、自斎が武蔵に優しかったのは、感謝の言葉を言ったのは、単純に(武士の子供だからと差別されてた)息子の小次郎の友達になってくれたからだと思ってたんだけど、違うの!?

「これはだめかもしれない。」

最初このシーンを見たとき、小次郎との特訓からのらりくらりと逃げ続けていた武蔵がついに尼子にも見限られてしまったかと思ったけど、尼子はそういうやつじゃなかった…そういうやつじゃないんだよなあ。

それにしても毎晩みちる姫(の刀)に話を聞いてもらって寝てたとか、なんか武蔵にちょっと親近感湧いてきたかも。わかるその気持ちよくわかるぞ…

あああああそんなつぐみってば、せっかく自分の世界にひきこもっている武蔵を現実に引っ張り出そうとするとかなんて残酷なことを…!!←

「世界とか自分のためにじゃなくて小次郎のために」、か…

でも武蔵や小次郎と一番長い時間一緒にいて、二人のことを誰よりもよくわかっているつぐみだからこそ、つぐみの説得は効いたような気がする。

ついに武蔵が小次郎と本音で向き合わなければいけない時が来てしまったのか、やっべこっちまで緊張してきたぞ。

そうか、二人とも小次郎の父親の自斎の期待に振り回されてたのか…もう自斎が本当は何考えていたのかわからないのにあれこれ推測までして…なんかそう言われてみれば俺ら読者まで自斎に振り回されてた気がしてきたぞ。

それにしてもまさか武蔵が小次郎に引っ張ってもらう日が来るなんて、ちょっと前まではとても想像できなかったなあ。

おお、そこにつぐみも加わっていつもの鐘巻武士団だ。

ようやく武蔵にいつもの武蔵らしさが戻ってきたホッとした。

やっぱ黒犬の何番町みたいに自分の都合のいい世界に閉じこもっていないで現実の相手とちゃんと腹を割って話すことが大事だということなのか。

いよいよあとは刀気収束の奥義を習得するだけだね。でも大高先生のことだから一筋縄ではいかない予感がしまくりなんだけど。

広告

Comments






非公開コメント

いくの

No Subject

マギではアリババと白龍がちゃんと話し合えなかった結果殺し合うことになってしまいましたからね…
お互いの考えてることがわかって良かったです。
2024-01-13-07:34 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

まぁ、本音で話すの大事だと思います。
世の中には四郎のように根本的に話が通じない相手も勿論存在しますが、
それでも話をした事で子の相手とは価値観が根本的に違う、
話し合いで解決できる相手じゃないとわかるので
最低限の話し合いは必要だと思います。
まぁ、流石に話が通じない相手といつまでも
話し合いを続けて説得しようとかのレベルになると無駄と思います。
それまでの過程で価値観が違う、
互いに話し合ってもどちらも一向に曲げない、
そんな平行線状態まで行ったら話し合いはもう意味をなさないので、
話し合う事は重要でも限度を超えない範囲が1番良いとも思います。
きちんと話し合った方が良い相手が小次郎で
もう話し合う必要がない、価値観の違いで
成立しない相手が四郎という感じです。
2024-01-09-22:29 花月(かづき)
[ 返信 * 編集 ]