Top Page › 異世界転生 › 盾の勇者の成り上がり › 盾の勇者の成り上がり 第103話「クズとハクコ」の感想

盾の勇者の成り上がり 第103話「クズとハクコ」の感想

2024-01-06 (Sat) 11:58

まさか尚文があれほどまでに頑なにマーダーピエロっ娘のことを拒絶するとは予想してなかった…

途中でアトラが「悪い人ではない」と言ったことでちょっと風向きが変わったかな?とも期待したんだけど、仲間の説得でも尚文の気持ちを変えることはできなかったか…

そういえばまだマーダーピエロっ娘の名前も聞いていなかったっけ?あんなに可愛くていい子そうなマーダーピエロっ娘が尚文を騙そうとしてるとは俺にはとても思えないんだが。

あああああ尚文に拒絶されたマーダーピエロっ娘が去って行く…くそうダメだ俺には今の尚文を心変わりさせる方法が全く思いつかない。

最近はよく尚文の行く先にフォウルとアトラが一緒についてくるようになったわけだが…

アトラが元気になった後もあいかわらず妹に過保護なフォウルと生意気盛りのアトラのやり取りにニヤニヤが止まらない。

初対面のクズにハクコと敵視されてどうなることかと思いきや、まさかクズの妹と宿敵の孫であることが判明するとか、ちょっと展開が急すぎてついていけてないんだけど。

ハッ、まさか、トビラ絵のアトラ似の女性ってクズの妹…なのか!?

広告

Comments






非公開コメント