Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › TVアニメ版断頭台のアウラ様第5話(葬送のフリーレン第11話)「北側諸国の冬」の感想

TVアニメ版断頭台のアウラ様第5話(葬送のフリーレン第11話)「北側諸国の冬」の感想

2023-11-18 (Sat) 06:58

原作とアニメで二度もアウラ様が倒されて絶望のどん底に叩き落された俺。

アウラ様ロスでとても感想書く気なんて起きない。

ああでも今回回想シーンでアウラ様がちょっとだけ出てきたときは本当に泣きそうになった。アウラ様…

フェルンのいいにおいとか

フリーレンが実は無資格の闇魔法使い(←違)だったことが判明したこととか

フェルンのいいにおいとか

北部高原を超えるためにオイサーストで1級魔法使い試験…次の目的と目的地が決まったこととか

フェルンのいいにおいとか

ようやくたどり着いた山小屋で半裸おっさんエルフがスクワットしてたこととか

フェルンのいいにおいとか

雪山で遭難するくらいなら春が来るまでグラナト伯爵領にいればよかったんじゃね?と思ったことか

フェルンのいいにおいとか

半裸モンクのクラフトが1000年生きたフリーレンを若いと言ってたこと(エルフの感覚どうなってんの?)とか

フェルンのいいにおいとか

冬の山小屋で長い間エルフと(年頃の)人間の男女が1組ずついて何もエロいことが起きなかったことか(いや本当はエロいことしまくりだったけど、この作品は全年齢向けなのでそういうシーンはカットしてた…なんてことはないか)

フェルンのいいにおいとか

アニメで神々しさが増し増しの女神様が原作のアベツカサ先生の描き下ろしだったこととか

(アウラ様に比べると)もはや何もかもがどうでもよくなってくるな…ハァ…

魔族でも人間でもいいから早く年上のきれいなお姉さんに登場して欲しいマジで。

広告

Comments






非公開コメント