Top Page › 異世界転生 › 盾の勇者の成り上がり › 盾の勇者の成り上がり 第101話「神木の薬」の感想

盾の勇者の成り上がり 第101話「神木の薬」の感想

2023-11-04 (Sat) 22:03

コミック版でもアトラが立ったと聞いて飛んできました!

そんなわけで表紙&巻頭カラーの今回のお話では、フォウル&アトラ兄妹が本格登場!

アニメとは色々違うところもあるけど、大まかな流れはアニメと同じ…なのかな!?(時間無くてあまりアニメちゃんと見れてないので間違ってたらごめん)

それでもアニメ版との違いで俺が気になったところをあげるとしたら…

特にコミック版のフォウルは妹のアトラに対する執着っぷりというか、(フォウルにとってたった一人の肉親のアトラがいかに大切な存在で)アトラがいないと自分も生きていけないという感じがより強く描かれているのがすごく良かった。

先にアニメで見たからアトラが尚文の薬で元気になっていったのは知ってはいるんだけど…

おおおおおたしかにアトラが立った!少し前まで寝たきりだったアトラが立ったぞー!!

こうしてコミック版でも瀕死だったアトラが元気に回復していく様子を見るのはグッとくるものがあるよねうんうん。

「お話ししませんか?私もっと知りたいんです尚文様のこと…」

アトラは可愛いのはもちろんのこと、今回ほぼ初登場にも関わらずこの圧倒的なヒロイン力…

いかん(尚文にアプローチかけてる)サディナさんがネタキャラに思えてきてしまう。

そういや冒頭でも尚文の性どre…もとい嫁候補とか抜かす女どもがいたような…!?

俺から見たら尚文が全員お断りしたのはちょっともったいない気もしたけど←

広告

Comments






非公開コメント