Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › TVアニメ版断頭台のアウラ様第1話(葬送のフリーレン第7話)「おとぎ話のようなもの」の感想

TVアニメ版断頭台のアウラ様第1話(葬送のフリーレン第7話)「おとぎ話のようなもの」の感想

2023-10-21 (Sat) 13:58

俺ら全アウラ様ファン待望のアウラ様編がついに始まりました!!

残念ながら…ものすごく残念ながら今回はアウラ様の出番はありませんでしたが、次回こそはきっと原作のリベンジをしてくれるはず!!

今回のお話は原作2巻13話、14話、15話の途中まで…になるのかな!?

今回もフェルンとシュタルクの掛け合いをニヤニヤしながら楽しませてもらった。

いつも誰にでも丁寧口調なフェルンのタメ口…むしろ俺的にはこっちの方が←

エルフの恋愛や生殖とかいう話が出てきたけど、そういやこの世界では人間とエルフって子供を作れるんだろうか!?

人間とエルフのハーフが全然登場しないことから考えると、やっぱ無理なんかな。

いや何が言いたいのかと言うとヒンメルとフリーレンのことね。ヒンメルがフリーレンに対する想いを胸の内に秘めて積極的にアプローチしなかったのもそこのところが関係しているのかなと。

ヒンメルが各地で自分の銅像を作らせていたのは、イケメンな自分が大好き…というのもあるけど、一番の理由はフリーレンを未来で一人ぼっちにしないためとか…なにそれ見た目だけじゃなくて心までイケメンかよ。

アウラ様が復活したのが28年前って…ヒンメルが死んだのと同じ年なのは偶然じゃない気がする。

アニメのリーニエがイメージ通りの可愛さだったことから、アウラ様も期待できそう。

それにしてもリュグナーおまえフリーレンが地べたに拘束されてる時がやつを倒す一番のチャンスだったのになぜ見逃した!?なぜ過去に殺されそうになった相手をすぐに思い出せなかった!?

ドラートおまえわかってるんだろうな!?原作では勝ったと油断して背中を向けたところをやられたことを!?せめて一矢報いるくらいはしろよ!

魔族が人類と同じ言葉を使う理由云々。

今回もフリーレンのヒンメルたちとの回想シーンがあったけど、いつもとはちょっと違って後味が悪かった。

特に娘を魔族に殺された母親に救いがなさすぎて可哀想だった。

(フリーレンを除けば)その場にいる人間たちの中で唯一この人だけが終始正論を言っていたにも関わらず。

魔族に娘を殺されたうえに、同じ村の人達が自分よりもその魔族の言うことを聞いた結果がアレとか、絶望しかない。

いや村長やヒンメル達が母親よりも魔族の話を聞いたというよりは、こういう見た目の幼い子供はたとえ魔族であってもこうであってほしいと思う願望?固定観念?を優先させた結果なのか。どっちにしてもろくでもないのには変わらないけどね。

広告

Comments






非公開コメント