Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン単行本第11巻の簡単な紹介と感想

葬送のフリーレン単行本第11巻の簡単な紹介と感想

2023-09-16 (Sat) 14:30

まもなくTVアニメ放送開始となる葬送のフリーレン単行本第11巻が発売!

フリーレン11巻

アニメPV見たけど我らの断頭台のアウラ様がヤバ可愛すぎでアニメへの期待は高まりまくり!

そして原作の単行本11巻では対ソリテールさん&マハト戦がクライマックス!

いつも一般攻撃魔法しか使わないフリーレンが超絶すごい炎の魔法や雷の魔法をぶっ放していて、強敵相手に見応え抜群の魔法バトルが繰り広げられます。

まあ結局最後はいつものフリーレンすごいフリーレン持ち上げ展開になるのはお約束として。

あと11巻では魅力的なお姉さんキャラが登場するのも俺ら(心は)少年読者にとってはたまらないところ。

大魔族のソリテールさんとデンケンの今は亡き奥さんのレクテューレさんという二人の魅力的なお姉さんキャラが登場します。

ソリテールさんは見た目はカーディガン&ロングスカート姿がよく似合う清楚系のキレイな年上のお姉さんって感じで、角が生えている以外はどこにでもいる人間の女性って感じなんだけど…

両手を胸の前で合わせる仕草とかどこからどう見ても人間の女性の可愛らしい仕草にしか見えないんだけど…

とにかくヤバい!これまで登場した魔族たちの中でも最上級の…それこそアウラ様に勝るとも劣らないヤバさ!

彼女にとって人間はあくまでも研究対象(モルモット)でしかなくて、他の魔族たちと同じく人間の感情がわからないにも関わらず、ここまで人間の心理を知り尽くしているのにたまらなくゾクゾクしてしまう。

「いっぱいお話しできて幸せ」

俺もソリテールさんが(フリーレンと)いっぱいお話しているのを見られて最高でした!

レクテューレさんはデンケンが若い頃に死別した奥さんなんだけど…

とにかくこの人見た目から何から全てにおいて可愛すぎなんだよね。

幼なじみで子供の頃から仲が良くてそのまま結婚したという理想の関係性。

この歳になってデンケンが頑張れるのもこの人の存在があったからこそ。

「最期まで醜くあがくんでしょ?少なくとも私の見てきたデンケンはそうだった。」

こんな素敵な女性にこんなん言われたらデンケンじゃなくても死に物狂いで頑張るしかないっしょ!

ラストでフリがヒンメル達との衝撃的な再会を果たしたのはすでにサンデー本誌で読んで知ってたけど…

それよりも巻末の次巻予告!なんか左側のページの方はサンデー本誌でも見たことのないキャラやシーンが!

なんかヒンメル一行が強敵の魔族に襲撃されて逃走してて、しかも一番右のやつ、あれ、奇跡のグラオザームじゃね!?まさかやられる間際に部下のツァルトからの報告が届いていたのか!?

アイゼンを圧倒して「戦えると聞いてここに来た。」と言ってたあの魔族、3巻26話でシュタルクの故郷の村を襲った魔族に似ているように見えるのは俺だけ!?

これはちょっと12巻が楽しみになってきたかも。とりあえず一番左の女性魔族さんの名前を教えてくださいお願いします!!←

広告

Comments






非公開コメント