Top Page › ジャンプ(SQ.) › ジャンプ その他 › あかね噺第77席「燃えてますよ」の感想

あかね噺第77席「燃えてますよ」の感想

2023-09-15 (Fri) 08:50

今回は「道を違えてでも」前に進まねぇと…その言い方がちょっと気になった。

あかねるの兄弟子の享二が三禄に享一って呼ばれてたのあれどゆこと!?

しかも内密の用件での呼び出しって…まさか引き抜き!?(禄郎が探っていた)志ぐまの芸とやらの情報と引き換えに引き抜かれるのかー!?

ハァハァ落ち着け…落ち着け…俺。

そうだ、こういうときはうらら師匠の浴衣姿を見つけて心を落ち着けるとしよう。

…ぐはぁっ、ダメだ、うらら師匠の浴衣姿エロすぎで逆に興奮してきた!←

さらに畳み掛けるかのような回想シーンの若かりし頃のショートカットうらら師匠の破壊力ぅっ!!

「実力でも妹弟子の前を走る背中を見せられる兄弟子で在りたいんです」

ここのぐりこが熱く語ってるところが少年マンガっぽくて良かった。

本当にあかねるを超えたらこれ以上なく盛り上がるとは思うんだけど、ぶっちゃけぐりこがあかねるを超えるところとか想像できないんだけど…

まいけるなら問題なく真打に昇進できそうな気がするけど、逆にまいけるが失敗するところが想像できないかな…

広告

Comments






非公開コメント