Top Page › 異世界転生 › 盾の勇者の成り上がり › 盾の勇者の成り上がり 第93話「ゼルトブル」の感想

盾の勇者の成り上がり 第93話「ゼルトブル」の感想

2023-01-06 (Fri) 05:53

今月号のフラッパー読んだらラフタリアが闇堕ちしかけてるんだけど…

これまでのラフタリアは尚文の悪ノリを止める側だったはずなのに、今回は尚文と同じ…いやむしろ尚文以上の冷酷非道っぷりを…どうしてこうなった!?

ラフタリアが盾の勇者パーティーの一員として活躍した結果、ラフタリアの故郷の村の子たちが高額で売買されるようになったとか、普通に考えて酷い話だと思うよ。

そして尚文達と一緒に行ったゼルトブルで故郷の村の子たち(真偽はともかくとして)が売られている現場(現実)を目の当たりにした上に、また故郷の村が奴隷狩りに襲撃されたりしたら、そりゃラフタリアじゃなくても激怒するわな。

さっきからラフタリアがちょっと怖いんだけど…尚文は尚文でラフタリアを止めるどころかむしろ一緒になって悪ノリしてるし…

まともなのが奴隷ともラフタリアの故郷の村とも無関係なリーシアしかいないという…

でも尚文やラフタリアが不在でも、キールくん?ちゃん?達子ども達だけで村を守ったのが熱かった。

あまりにも襲撃のタイミングが良すぎたので、ヒゲメガネの奴隷商も一枚噛んでるのかと思ったけど、さすがにそれはなさそうかな…

広告

Comments






非公開コメント