Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第102話「相打ち」の感想

葬送のフリーレン第102話「相打ち」の感想

2022-10-13 (Thu) 07:35

ぐぬぬぬぬおのれフリーレンめよくもソリテールさんを倒しやがって許さん!許さんぞぉおおおお!!!!

うわああああカーディガン&ロングスカートのよく似合う年上のステキすぎるお姉さんのソリテールさんがぁああああ!!!!

しかも、一対一の正々堂々の勝負ならまだしも、相手が格上で敵わないと見るや弟子のフェルンに不意打ちさせるとか…やはりこいつは(いつか必ず復活すると信じてる)アウラ様に倒されるべきだと改めて思ったね。

しかし、これまでの油断しまくりの魔族さん達ならともかく、フリーレン対策は万全&フリーレンよりも格上のソリテールさんでも敵わないとか、これはいよいよフリーレンに勝てる気がしなくなってきたぞ。

しかも、フリ野郎主人公のくせに魔族を殺すためならどんな卑怯な手をも平気で使ってくるんだからな。

いやでもいつかフリーレンを倒してくれる魔族さんが現れるはず…!いつか必ずアウラ様(以下ry

でもこれだけは言わせて欲しい、最期の最期までソリテールさんはソリテールさんらしくステキだったと。

そしてデンケンVSマハトは相打ち…

まあどうせデンケンは生き残るんだろうけどね。孫(違)のラオフェンの悲しむ顔は見たくないしね。

最期にマハトが罪悪感を理解できたのかはちょっと気になるかな。結局わからないまま死んだら、それこそ何のために長期間戦っていたのかわからなくなりそうだしね。

広告

Comments







非公開コメント