Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー第225話「香取隊②」の感想

ワールドトリガー第225話「香取隊②」の感想

2022-09-02 (Fri) 05:32

若村(隊)がダメダメすぎて、香取がすっかりやる気なくしちゃったよ…

「不機嫌になると会話拒否る」
以前、諏訪が言ってた通りの展開になっちゃってるし。

「おっしんじゃやろっか三雲くん」
でもそのおかげ?で修が宇井と一緒に夕食当番をやることに…女の子と2人で料理とかちょっとドキドキなシチュなんだけど、なぜそのシーンがないんだ作者ァ!?

「オレはとにかく決断が温くて遅いんだ」
若村が自分の決断が温くて遅いという欠点(&逆に香取葉子は即断即決)に気付けたのが今回の最大の収穫かも。

「わたしはそうしたくないのごめんなさい」
こういう場合一番頼りになりそうな華さんからはアドバイスがもらえなかったか残念。

「不機嫌から意識を逸らせるようなものを~」
一番最後に話を聞いた三浦から一番有用なアドバイスをもらえたぜ!
さすが三浦は一目惚れしてるだけあって香取葉子のことよく見てるわかってる。
三浦に報われて欲しいと思うのは俺だけではないはず。

「チームがうまくいってないと割と深刻な感じに~」
香取葉子が不機嫌なのはチームの不調が原因…惜しいところまで行ってたんだけど、まさかそれが自分のチームじゃなくて若村のチームのことだとはさすがに誰も想像できなかったか…

「本部に烏丸くんのファンめっちゃおんねんで?」
とりまるファン、女だけじゃなくて男もいるように見えるんだけど…

「マジで?みんななにボサッとしてんの?」
うむむむむとりまるとデートできることになったらすぐに立ち直っちゃう感性が俺にはよく理解できん…
香取葉子ととりまるのデートはちょっと見てみたいようなあんま興味ないような…

広告

Comments






非公開コメント