Top Page › ジャンプ(SQ.) › 三浦糀(あまみ) › アオのハコ第53話「良くやってるよ」の感想

アオのハコ第53話「良くやってるよ」の感想

2022-05-23 (Mon) 00:01

なんか雛がものすごく可愛いことになってて、ぶっちゃけ雛エンドでもいいような気がしてきた。

因縁の遊佐がいる佐知川との練習試合、主人公の大喜を好きな女子=雛と大喜が好きな女子=千夏先輩に応援してもらえることになってテンション上がってきた!上がってきたぞー!

…って、あれ、前回の流れからして、てっきり今回練習試合やるものだとばかり思ってたけど…まだやんないのね。

じゃあ今回はどんなお話だったのかというと、千夏先輩(ヒロイン)がいない間に大喜と雛が急接近するお話でした。

え、それ、ここ最近アオのハコで割とよく見る展開だからいまさらそんなに驚かないって!?

甘い!甘すぎる!今回二人はラストでき、き、ききききキスしそうになってるんだぞ!

教室で二人っきりで白雪姫の劇の練習してたら、いつの間にかそういう展開になってたんだぞ!

雛なんてもう完全にその気になってるし、大喜だって雛を女の子として意識しまくりだし、これもうキスするしかないだろ!

…ハッ、千夏先輩、またどこかで隠れて見てないよね!?

そういえば教室のドア開けっ放しだし、いつ通りすがりの千夏先輩に見られるかわからない。大喜早くドアを閉めるんだー!

広告

Comments






非公開コメント