Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › 青の祓魔師 第133話「無双 舞う」の感想

青の祓魔師 第133話「無双 舞う」の感想

2022-05-02 (Mon) 06:11

青エク今月号のSQ.から連載再開。

ついに燐とサタンの直接対決が実現することに(あくまで陽動ではあるけど)。

燐は連載開始時からずっとサタンを倒すと言い続けていたので、ここまでくるのに本当色々なことがあったけど、ついにサタンと戦えるところまできたかと感慨深いものがあります。

でも今の燐でもサタンとの実力差は歴然…攻撃は全く届かず戦いにすらなっていないという…こんなんで雪男達の準備ができるまで持たせられるのかちと不安。

サタンスラッシュがサタンの顔面に直撃したのはちょっと笑いましたが、あれでサタンがどう出てくるのか全く読めないのが逆に怖い。

ルーシーばあちゃんが意外と強かった件。もっとも上級未満にしか効かないとのことだったので、上級悪魔が出てきたときに戦えるかは未知数なんだけど。

志摩はいまのところは怪しいところは見せていない…と思う…多分…

さすがにもう裏切らないとは思うけど、志摩のこれまでのやらかしの数々を考えると、まだ完全には信用出来ないんだよなあ。

でもあの志摩が最前線で四大騎士の戦いを見たいと言ってたのがちょっと意外。やはり同じ黒い炎使いとして思うところがある様子。

巻末の作者コメント、「復活早々に不安な滑り出し」とは話の内容?それともページ数が19ページしかないこと!?

広告

Comments







非公開コメント