Top Page › 球詠 › 球詠 第64球(64話)「意地なんかじゃない」の感想

球詠 第64球(64話)「意地なんかじゃない」の感想

2021-10-22 (Fri) 07:06

今回の俺らの光たそこと川原光ちゃんの出番は3コマ!?

今回の俺的ベストオブ光たそは…ライトゴロに打ち取ったのを見た時の光たそ(&芳乃)の笑顔が最高にかわえがったあ。

咲桜打線が二巡目に突入した4回表から、光たそと芳乃がキャッチボール?投球練習?を始めてる…だと!?

(ヨミの今の状況を考えると素直には喜べないけど)光たそVS咲桜打線がめっちゃ楽しみすぎるんだけど!!

どうせなら本番でもピッチャー光たそがキャッチャー芳乃に投げるところを見てみたかったけどさすがにそれは難しいか…

タマちゃんが前回息吹ちゃんに先越されたこと(ヨミの手をにぎったやつね)を引きずってないようでホッとした。タマちゃん意外とショック受けてて心配だったから。

バッティング。タマちゃんはリード…というかヨミのことで頭いっぱいで凡退するのも仕方ないよね。でもキャプテンおめーは別だ、いつもいつもあっさり凡退しやがってもうちょっと頑張れよな。

ピッチング。4回表も引き続きヨミ無双で三振取りまくり…かと思いきや、一転して打たせて取るピッチングに変わってたのは正直予想外だった。

でもまあヨミが自主的にピッチングスタイルを変えたのではなく、タマちゃんの好リードや先生のシフトサインやみんなの好守備のおかげでそうなるように仕向けられてたなんだけどね。

前回まではヨミが一人で戦ってたのが、今回はみんなで戦う感じになってたのが、すごくいいね。

ヨミも無意識でガッツポーズなんかしちゃったりしてたし、ヨミ早く元のヨミに戻ってくれー!

広告

Comments






非公開コメント

No Subject

球詠世界は試合が7回制でしたね。
延長がなければ21アウト/チーム。
パーフェクトゲームだと打者9人二巡+3人。そのとき最終打者は3番バッター。
咲桜の3番バッターは松井選手。
ということは…!!
2021-11-24-22:39 匿名
[ 返信 * 編集 ]

いくの

No Subject

言葉は無くてもお互い通じ合ってるのがいいですよね。
2021-11-20-18:45 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

今回の特徴は球詠史上最高級の「無発声台詞」の多さで、
ざっと数えましたが50コマ以上ありました。
深谷東方戦でもありましたが、今回は捕手と監督の間にまでテレパシーが成立…
2021-11-03-12:45 匿名
[ 返信 * 編集 ]