Top Page › 球詠 › 球詠 第63球(63話)「一人で勝とうとしてるの?」の感想

球詠 第63球(63話)「一人で勝とうとしてるの?」の感想

2021-09-24 (Fri) 13:30

今回、俺らの光たその出番が1コマ…だと!?
(前回までは3コマあったのに…)

その1コマとは、申告敬遠に明らかに不満げな表情の希に、一塁コーチャーの光たそが苦笑気味になんか色々話しかけているシーンでしたが…

もしかしたら光たそのことだから希に「敬遠は仕方ないから気持ちを切り替えて頑張ろ」的なことを言ってなだめすかしてくれてたのかな?
実際二人がどんなやり取りをしていたのかが気になるめっちゃ気になるうぅうう!!!!!

ヨミが咲桜打線の一巡目をパーフェクト…ってようやく話が60話のラストに追いついてきましたな。

そして3回裏の新越谷の攻撃、打順はそのヨミから始まることに。

まあいくらなんでもバッティングはそう簡単にはいかないだろうなあと思っていたら…

右中間を破る当たり&好走塁で三塁打とか今のヨミヤバすぎ。

以前ヨミがホームランを打った時は、明らかに相手の失投だったわけだけど、今回は以前のまぐれ当たりとは明らかに違っていたからね。

ヨミが打った時のタマちゃん&息吹ちゃんの心配そうな表情、とても仲間がヒットを打った時の表情じゃなかった。

「嫌なことだけ全部一人で背負って一人で勝とうとしてるの?それも完璧に…」

そんな今のヨミに対して、タマちゃん達チームメイトが何をして(言って)あげられるのかが大事になってくるわけだけど…

ラストでタマちゃんがヨミの手を握ろうとしたら、息吹ちゃんに先越されてショック受けてたのにはちょとワロタ…

タマちゃんよりも息吹ちゃんの方がよっぽどヨミのことわかってたし、これはタマチャンもうかうかしていられない!?

広告

Comments






非公開コメント

No Subject

作者は本当に巧いと思いました。

対希戦の「最高のピッチングをした上で完璧に打たれる」そこだけ小さく見れば完敗というシーン。帽子のつばで目を隠し、口元の笑いだけを見せ、「最高の球を完璧に打たれる」ことこそが大きな流れの中で達成・成功だったという。

今回は逆に、ワンアウト3塁で犠牲フライを打って先制点をあげる、というそこだけ見れば成功というシーン。しかし、無理している武田にさらなる負担をかけたということでもあり、手放しで喜べない打者の苦そうな表情。
ただ、撃って斬って倒したぞやったぁ!というバトルとはレベルの違う深みがありました。
今回は菫主役回のようなものですね。
2021-10-24-13:29 匿名
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

今度はタマちゃんが闇堕ち百合展開に…なんてことにはならないと信じたいです。
2021-10-04-07:28 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

詠深が頑なに何も話さないのなら、試合がどんな結果になってもしこりが残るような気がします。
詠深の性格上難しいなら、息吹が大きな役割を果たすことになるんじゃないかと。

そしてラストの珠姫の顔を見て、別のことが気になりだしてしまいました。
2021-09-25-17:48 匿名希望
[ 返信 ]