Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第65話「エトヴァス山の秘湯」の感想

葬送のフリーレン第65話「エトヴァス山の秘湯」の感想

2021-09-15 (Wed) 05:33

今回は温泉回…だと!?

「いよいよ温泉ですね」
わかる、フェルンたその温泉が楽しみな気持ちすごくよく分かるぞー!

ハァハァフェルンたそやシュタルクの入浴シーンとか想像するだけでももう!もう!…って落ち着け…落ち着くんだ俺。

…え、ちょ、ま、ようやく到着したと思ったら小屋が一軒だけってどゆこと!?

温泉が枯れて、廃村になっちゃったってマジ!?

ぐぬぬぬぬぬおのれフリーレンめぇえええええ!!!!(←さすがにこの件はフリーレンには責任がないとわかっていてもこのやるせなさをどこにぶつけたら良いものやら)

あと全然話が変わるけど、ここでもシュタルクが男の子達の人気者で、俺もシュタルクのような子どもたちから慕われるかっこいいあんちゃんになりたかった。

本題に戻るけど、まだエトヴァス山の秘湯…山奥の秘湯が残ってる!

なぜか乗り気じゃないフリーレンに対して、せっかくここまで来たんだから行ってみようぜ…ってシュタルクよく言った!俺ら読者のためにもフェルンたその入浴シーンを頼むぞ!

フリーレン曰くヒンメル達とも言ったことがあるって…やっぱヒンメル達もフリーレンの入浴シーン(←違

厄介な魔物の縄張りを抜けないと…って、魔物おまえ邪魔すんじゃねぇ!空気読めよ!フリーレン魔物なんか倒しちまえ!←

そしてようやく山頂に到着!ようやく…ようやく…フェルンたそ達の入浴シーンが拝める!

と思いきや、まさかの足湯オチ…しかもシュタルクもそのこと知ってたとか。

でもまあ、みんなで苦労した末にたどり着いた先で足湯に入りながら見た景色…これはこれでいい思い出になりそうなので悪くないのかな。

それにどろっと全身汚れてるってことは…今度こそ温泉に入らないといけないなこれは!次の街には温泉あるようなこと言ってたし、次回こそ正真正銘の温泉回くるか!?

広告

Comments






非公開コメント