Top Page › 球詠 › 球詠10巻の紹介と感想

球詠10巻の紹介と感想

2021-09-10 (Fri) 02:03

俺らの光たそこと川原光ちゃんが表紙の球詠10巻を買ってきたZe!

川原光ちゃんといえば、小さな身体にも関わらず体全体を使った豪快なピッチングとフルスイングが持ち味のちっぱいガール!

この10巻では表紙でも闘志を見せていた光たそがプロ注目の敵エースと投げ合いをしたりバッティングでもヒットを何本も打ったりと投打において大活躍!

でも光たその最大の見せ場は何と言っても希との勝負で希を見事立ち直らせたこと!あの時の光たそには正直震えたね。

たとえ嫌われ役を買ってでも、チームのために(打の要の)希を立ち直らせたいとか、ヤバいこんなん光たそのことがますます好きになっちゃうじゃんかよ。

それで希を立ち直らせて懐かれただけじゃなくて、プロ注目の敵エースからも一目置かれてパク…もとい真似される俺らの光たその快進撃が止まらない!

すっかりチームにとってなくてはならない存在となった光たそ!最高すぎる!

ちなみに10巻での俺的ベストオブ光たそは、敵エースの松岡凛音を打ち取った後に「よしっ」と満面の笑顔を見せたところかなやっぱり。最高に可愛すぎた。

それにしても希の狂犬→忠犬モードの変わりっぷり笑。ちょっと光たそ困ってたし笑

広告

Comments







非公開コメント

いくの

No Subject

カバー裏、秋大会の複雑なトーナメントの仕組みがわかりやすく書いてあったのが良かったですね。
2021-09-19-20:27 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

カバーをとった中の表紙も光先輩ですね。(同じく帽子・ヘルメットなし)
おまけまんが③ 白菊‐キャプテンの関係も面白い(前から希は白菊を一方的に意識していましたが、これは逆に白菊が希を意識)

カバーをとった裏表紙の説明、こういうことだったのか、という感じ。
シードを投票で決めるというの面白いですね。(この学校とはなるべく初戦で当たりたくないから…ということ??)
準優勝以上が関東大会に出られるということは、咲桜、御園に勝って決勝で梁幽館にボコボコに負けるのかなと予想(←気が早い)
2021-09-10-23:14 匿名
[ 返信 * 編集 ]