Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第62話「旅立ちの理由」の感想

葬送のフリーレン第62話「旅立ちの理由」の感想

2021-08-18 (Wed) 06:48

(胸の谷間&へそ出しの)アウラ様のいつもの格好の方がよっぽど「えっち」だと思いましたまる

えっ、なんのことかって!?今回のフェルンとフリーレンの水浴びシーンのことだよ!

一応下着っぽいけど、あんなんパッと見普通のワンピース姿と変わらないし。

水浴び回と聞いて期待してたのに…ぐぬぬぬぬおのれフリーレンめェええええ!!!!

フェルンは別に怒ってないとは言うものの、フェルンのそれは言葉通りに受け取っても良いものかどうか、悩んでしまうシュタルクの気持ちわかる…よくわかるぞ…!

シュタルクはフリーレンもそういう(周りの空気)のわかるようになってきたのかと言ってたけど、

「居心地が悪いならちゃんと言ってね。シュタルクを無理やりパーティーに誘ったのは私なんだから。」

むしろフリーレンは空気読むのが苦手だからこそシュタルクやフェルンに対してもみんなが思っている以上に気を使いすぎている…ようにも感じる。

まさかのヴィアベル達登場…やっぱシュタルクは野郎と話している時のが生き生きしてるよなあ。

個人的には一級魔法使い試験の受験生たちの中では、デンケン&ラオフェンのその後が気になる。もっと具体的に言うとデンケンがラオフェンを本気で孫にするつもりなのかどうか、だ。

シュタルク、ヴィアベルからの前衛にならないかというお誘いを断っちゃったのね。

シュタルクがフェルンに話した俺がこのパーティにいる理由を、フリーレンにも話したげて欲しいと思った。

シュタルクはフェルンに優しくしてもらいたいけど、実際に優しくされるのは怖い…わかる…すごくよくわかるぞその気持ち!

フェルンがシュタルクをどんなふうになでなでするのか見たかったのに…!ぐぬぬぬぬおのれフリーレンめぇええええ!!!!(←えっ、さすがにこれはフリーレン関係ないだろ…って!?)

広告

Comments






非公開コメント