Top Page › 球詠 › 球詠 第59話「5分前とは別人」の感想

球詠 第59話「5分前とは別人」の感想

2021-05-24 (Mon) 04:26

前回の球詠は、先発の光たそこと川原光が投打に大活躍!

そして今回は冒頭からいきなり希VS松岡(敵エース)の二度目の対決キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

松岡ってば光たその投球フォームを真似しようとしてたみたいだけど…!?

松岡が何年生なのか気になってる。
作中ではまだ松岡の学年については触れられてないよね?

希の第一打席、ライトライナーだったんな。

そして第二打席では完全にタイミングを外されながらもヒットにするところがさすがとしか。

(相手が光たその真似してすごくいいストレート投げてくるものだから、)
希ってば「絶対打ちたい」ってすごくいい表情してたのが印象的だったね。

松岡が光たその投球フォームをパク…真似したがってたのはわかっていたけど、

まさか試合中に即それを取り入れてきて、しかもわずか10球そこらでものにしつつあるとか、松岡の吸収力&伸びしろパネぇ!末恐ろしすぎィ!

詠深があれだけ投球フォーム改造に苦労してるから、松岡もそのパターンになるものだとばかり…

プロ注目の急成長中の投手からも真似される光たそがマジ光たそ!

「ごめんね参考にして」
「嬉しいことだよ真似されるってことはリスペクトされてるってこと」
ここの光たそと松岡の目と目で会話?してたのがたまらんかったし。

光たそVS松岡、直球勝負とフルスイングのリスペクトする側とされる側の真っ向勝負が熱かった!

残念ながら相手の好守にアウトにされてしまったものの、光たそのフルスイングがあいかわらずふつくしすぎた件。

松岡の成長速度や試合を楽しんでる感が主人公っぽいと思ったのは俺だけ!?
「よし」って思わずガッツポーズしてるところとか、なんか可愛かったし。

…ハッ、まさか松岡のやつ、投球フォームだけじゃなく、スイングまで光たその真似してきたりしないよな!?

こうなったら光たそや松岡のピッチングが、ヨミにどのような影響を与えるのかにも注目していきたいね。

ヒットを打たれても動じずバックを信じて投げる光たそがマジ光たそ!

光たそのあんな気合の入ったピッチング見せられたら、ますます好きになっちゃうじゃんかよ。

広告

Comments







非公開コメント

No Subject

現状ではこのまま総合力の差で新越谷が押し切って勝ちそうな流れですが、はたして一波乱あるのでしょうか。
2021-06-14-08:02 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

前月号の稜の打球の処理失敗といい、エラーはつかないものの希のボテボテを前進守備がゆえに抜かれることといい、深谷東方の背番号4セカンドが悪目立ちしていてかわいそう…
今まで連載中、緩い回と勝負のテンション高い回がありますが、今回は盛り上がる回でした。
で、何度か読んで気づいたんですが17ページめ、勝負のクライマックス凄い表現ですね。
2コマ目からはみ出している投手の投げたボールのアップ、そのまま3コマ目からはみ出した、投手方向から見た打者に向かっていくボールでもある:
2コマめ+ボール、 ボール+3コマめ、がそれぞれ絵としてバシッと決まっている!
こんな表現見たことない!
実写ではもちろんあり得ません。
(バックネット側からのカメラとセンタースタンドからのカメラの切り替えになる)
2カットに割るか、カメラがぐるっと回ればアニメではできるかもしれないけれど、この迫力は出せないんじゃないでしょうか…

次号以後の予想ですが、松岡一人に描写を割いている感じなので、熊実戦みたいにあっさり終わりそうな気がします。
2021-05-30-15:05 匿名
[ 返信 * 編集 ]