Top Page › 甘神さんちの縁結び › 甘神さんちの縁結び第二話「白昼と鶴」の感想

甘神さんちの縁結び第二話「白昼と鶴」の感想

2021-04-28 (Wed) 19:57

三女の朝姫が小悪魔あざと可愛すぎる巫女三姉妹同居ラブコメ第二話の感想です。

でも瓜生との婿入りの話が出た途端、朝姫との距離ができたというか、前みたいに急接近してくれなくなって、ちょっと悲しい。

朝姫ってば、婿入りの話に対して、さすがに急で困っちゃいますよね、とまで言っちゃってるし。

それはともかくとして、朝姫は私服のパーカー&ショートパンツ姿も可愛くてグッ!

瓜生に下着を洗濯されて恥じらう表情も悪くない…悪くないですぞぉっ!←

今回、朝姫が実は陸上?スポーツ?少女、夜重が芸大生であることが明らかになったわけだが…

朝姫×ランニングウェア姿を想像しただけでもヤバい。

瓜生の家事能力を見て、朝姫も同居に前向きになってくれてちょっと嬉しい。

朝姫も他の二人も瓜生に興味を持ち始めたのはいい傾向ですぞ。

朝姫がクソガキにおっぱいちっさぃと言われてて、ちょ、おま、ふざけんなよ、朝姫はまだ成長期なんだよ!

瓜生のいた施設で、姉小路舞昼とかいう名前に「昼」が付く瓜生の憧れの大人の女性が登場したわけだが、

俺らの朝姫は、あんな手強そうなやつに勝たなければいけないのか…

朝姫は不器用だということも判明したわけだが、
朝姫はあざとい小悪魔な朝姫も年相応に恥じらう朝姫もどっちもすごくいい…!

夜重は自由で枠にとらわれない芸術家タイプの女の子なのか…

朝姫に瓜生さんらしいですねとかさすが瓜生さんと言われるたびにドキドキしてしまう。

まだ恋愛感情はないとしても、ちょっと不器用な朝姫が細かい作業が得意な瓜生に対して好感触なのは間違いない!

瓜生も朝姫達三姉妹も今回のお話でお互いをよく知ることができて、とりあえず同居することについては異存がなくなったわけだが、

孫娘と一人ずつお見合いと言われた時の朝姫の微妙な表情に不安を感じずにはいられない件。

広告

Comments







非公開コメント