Top Page › ジャンプ(SQ.) › 三浦糀(あまみ) › アオのハコ第3話「他人のフリ」の感想

アオのハコ第3話「他人のフリ」の感想

2021-04-26 (Mon) 06:05

今回のサブタイトル、千夏先輩と他人のフリとか、一体何があったぁ!?

今回のトビラ絵、本編では鉄壁ガードな千夏先輩の、いろいろな意味で無防備な姿がヤバかった!(主に胸の谷間的な意味で)

朝、家を出ようとする大喜に対して、千夏先輩の「いってらっしゃい」の破壊力ががががが。
これはもはや新婚夫婦と言わざるを得ない!

新体操部幼なじみの雛は大喜をからかいたいのか応援したいのかそれとも嫉妬してるのかイマイチ真意を測りかねる。

今回せっかくの新体操部コスチュームが上着で全部隠れていてちょっと…いやかなり残念←

それにしても大喜のやつ、千夏先輩との同居の件、匡には話していたけど雛には内緒だったんな。

せっかく忘れ物の財布を届けてくれた千夏先輩に対してあんな他人行儀な態度を取らざるを得ないなんて…!
千夏先輩と他人のフリとか辛すぎる!

雛のおかげで、千夏先輩に彼氏がいないことがわかって、そこだけは雛グッジョブ!

千夏パイセンが練習中に転んだりして明らかに動揺しまくりだったのが、大喜に他人のフリされたからではなくて、大喜が雛を好きなんじゃないかと誤解していたからだとわかって、ニヤニヤが止まらない件。

もうこれ絶対千夏先輩も大喜のこと好きだろ(ニヤニヤ

千夏先輩の「なっ」「ぬう」が可愛すぎた…(千夏先輩の負けず嫌いの一面が垣間見えたように思えたのは俺だけ!?)

雛が大喜と千夏先輩の仲よさげなところを目撃したり二人がお似合いだと言われたりするたびに、イチイチ真顔になるのが切なすぎる…

広告

Comments






非公開コメント