Top Page › 異世界転生 › 無職転生異世界行ったら本気だす › 無職転生異世界行ったら本気だすTVアニメ版第9話「邂逅」の感想

無職転生異世界行ったら本気だすTVアニメ版第9話「邂逅」の感想

2021-03-08 (Mon) 04:34

ルーデウスとエリスが魔大陸に転送させられて、助けてもらったスペルド族のルイジェルドに連れてこられたのが、ロキシー(に似た女の人)だらけの(ロキシーの実家がある)ミグルド族の村…だと!?

ロキシーが44歳、ロキシーママンのロカリーさんが102歳であの若さ可愛さには驚愕せざるを得ない…!!

ロキシーだらけの村や、ロキシーのご両親にご挨拶できたのにはすげぇ盛り上がったけど、

コミックス版と比べるとストーリーも前世男の服も色々と改変・端折られまくっていて、アニメだけだと意味不明なところだらけで残念だった。

(アニメで大幅に増やされた)ヒトガミと前世男のやり取りなんてコミックス版くらいの長さでちょうどいいんだよ。

それよりもルーデウスと不安を隠せないエリスの「すべて僕に任せてください」「ルーデウスがいるんだから大丈夫よね」のやり取りと、ルイジェルドが息子によって正気に戻された回想シーンは、個人的にすごく重要だと思ってるのでカットしないで欲しかった。

いきなり見知らぬ土地に転送されて頼れるのはルーデウスしかいないにも関わらず、「魔大陸、冒険が始まるのね!」…って、エリスは物怖じしないポジティブな一面しか描かれていないのに違和感を覚えた。

広告

Comments






非公開コメント