Top Page › 異世界転生 › 無職転生異世界行ったら本気だす › 無職転生 異世界行ったら本気だす 番外編「モーニングルーティン」の感想

無職転生 異世界行ったら本気だす 番外編「モーニングルーティン」の感想

2021-01-06 (Wed) 20:44

というわけで今月号のコミックフラッパーに掲載されている無職転生コミカライズ版は番外編でした。

ルーデウスの不能のことも触れられています。(ルーデウス的には他のどんなことよりも重要で最優先事項だったりする)

そして今月号の表紙はルーデウス…ではなく、ドレス姿のロキシー、エリス、シルフィ、ヒロイン三人娘が飾っています。

こんなん見せられたら不能なんてたちまち治ってしまいそうなんだけど、…ハッ、これが俗に言う童貞殺しというやつなのか!?(←違

特にちょこんと座ったおすましロキシーがマジ女神だった件。(本編ではいつになったらロキシーと会わせてくれるんですか!?バンバン!)

今回の番外編では物知りな魔王バーディガーディも不能の直し方は知らずに、魔王の叡智も役に立たないということで終わっていましたが、

よくよく読んでみると魔王はルーデウスにとって色々と重要なことを教えてくれていたような気がします。

ルーデウスには闘気がまとえないこととか、強さや名声よりも大切なもの(たとえば女)があることを。

特に最近のルーデウスは現状に満足せずに強さを追い求める傾向があったので、バーディのアドバイスは今後のルーデウスの生き方に大きな影響を与えたりしちゃったり…!?

広告

Comments







非公開コメント