Top Page › アニメ › ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会第11話「みんなの夢、私の夢」の感想

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会第11話「みんなの夢、私の夢」の感想

2020-12-16 (Wed) 22:39

かすみんボックスがすごくかすみんらしくて良かった。

同好会内のカップリング以外にも、せつ菜×副会長、果林×綾小路姫乃にもニヤニヤさせてもらった。

でも同好会でみんなが盛り上がっている中で一人浮かない顔の歩夢…

これまでも他のメンバーに比べて空気だった歩夢がまさかあんな形で存在感を発揮することになろうとは…

侑はみんなを応援したい、けど歩夢は侑に自分だけを応援してもらいたい。

両者の方向性の違いが、ラストで決定的になってしまったわけだけど。

虹ヶ咲がメンバー個人個人のやりたいことを尊重するスタンスならば、当然歩夢の考えも尊重されなければいけないわけだけど、そうなると今や同好会になくてはならない存在となった侑のやってることを真っ向から否定することになるわけだし、難しいなあ。

女の子同士だと考えるからややこしくなるわけで、

侑を一昔前のハーレムラブコメの主人公に置き換えてみるとわかりやすいんだよなあ。

まさかラブライブであそこまで踏み込んだ百合?描写をしてくるとは思わなかったけど、きっとみんなが納得できるような解決法を提示してくれると信じたいです。

とりあえずラストで侑が歩夢に言いかけていたことの続きを確認するのが先だと思ってる。侑の夢とは!?

広告

Comments






非公開コメント