Top Page › ジャンプ(SQ.) › 鬼滅の刃 › 鬼滅の刃 特別読切(週刊少年ジャンプ2020年44号掲載)の感想

鬼滅の刃 特別読切(週刊少年ジャンプ2020年44号掲載)の感想

2020-10-05 (Mon) 06:05

今週号のジャンプに鬼滅の刃の劇場版公開記念で特別読切が掲載されました。

ちょっとわかりにくいんだけど、3週連続で炎柱・煉獄杏寿郎が主人公のお話なんだけど、今週の特別読切が吾峠呼世晴先生で、来週と再来週の前後編外伝は平野稜二先生が描いているようです。

今週の特別編は炎柱・煉獄杏寿郎の初任務のお話です。

つーかこれ本当に初任務か?と思えるくらい煉獄杏寿郎は堂々とした落ち着いた戦いっぷりでしたね。

煉獄杏寿郎は、強さ、生き様、考え方、そのすべてにおいてかっこ良すぎた…

それに比べて十二鬼月になろうとしている鬼が、よりにもよって初任務の鬼狩りにやられるとは情けない。

(無惨様や鳴女さんとは違って)鬼のジジイは見た目からしてあんまり好きになれませんでしたけどね。

広告

Comments






非公開コメント