Top Page › 少年(裏)サンデー › 葬送のフリーレン › 葬送のフリーレン第19話「急襲」の感想

葬送のフリーレン第19話「急襲」の感想

2020-09-23 (Wed) 05:46

今回、我らがアウラ様の出番がなかった…だと!?

宿敵・フリーレンは回想シーンで登場したけど、アウラ様の出番は一コマもなかった。

そのかわり…と言えばアレだけど、斧使いのリーニエが自分的にはちょっといい感じだったけど。

可愛らしい見た目からは想像もつかないパワー系の戦い方とのギャップがががががが

リーニエがアイゼンと同じ技を使う理由について。

人間がゾルトラークをパクったように、魔族もまたアイゼン(や勇者一行)の技をパクった…とか!?

まさかアイゼンが魔族との間に隠し子(弟子)を作っていたなんてことはないだろうし←

リュグナーが「数奇なものだな」と言っていたのがちょっと気になる。

フリーレンが魔族に容赦ないのはフリーレンの性格や考え方から来ているのだとばかり思っていたけど、

フリーレンが「魔族に強い恨みを持っている」というのはちょっと考えもしなかったな。

それにしてもフリーレンがアウラ様の元に向かったことに、先に気付いたのが魔族のリュグナーの方だったという…

シュタルクはともかくとして(フリーレンとずっと一緒にいる)フェルンが気付かないとは…

フリーレンは魔族は人間とは根本的に考え方が異なる化け物だと言っていたけど。

魔法への信念については、人間(フェルン)も魔族(リュグナー)も変わらないように見えた。

なんだかんだ言いながらもリュグナーのヤツ、不意打ちの意趣返しをしたりとかフェルンに対抗意識燃やしまくりだし。

俺の予想としては、結局フェルンがリュグナーを倒しきれずに、最後はリュグナーがフリーレンに挑んで返り討ちに遭う…そんな予感がしているんだけど、外れたらごめん。

広告

Comments







非公開コメント