Top Page › アニメ › 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第12話(最終回)「最終イベントが来てしまった…」の感想

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第12話(最終回)「最終イベントが来てしまった…」の感想

2020-06-21 (Sun) 11:20

ついにカタリナが仲間たちと共にシリウスと対峙することに…

てっきりマリアやジオルド達とシリウス改めラファエルの壮絶な魔法バトルが繰り広げられると思いきや…

ここでもカタリナはカタリナらしいやり方でラファエルと向き合おうとしていたのにはちょっと感動しかけました。

その後の卒業パーティー、まさかカタリナの胸元にドキドキする日が来るなんて…!!←

ついにマリアの口から明かされるマリアの想い人とは…!?

わかりきっていたこととはいえ、マリアからのカタリナへの愛の告白の破壊力ががががが。

でもあれだけはっきり言われたにも関わらず、マリアの気持ちにちっとも気付かないカタリナの鈍感主人公っぷり…

いやそれ友情エンドじゃなくてカタリナの逆ハーレムENDだから笑

ヒロインやその攻略対象達(隠しキャラ含む)を全員攻略してしまうとは悪役令嬢カタリナ・クラエスマジパネェっす!

カタリナがニコルに花束ならぬ野菜束という名の草を渡していて草。

最後の最後までカタリナはカタリナらしさを貫き通していたのがただただすごいとしか。

あとまさかジオルドとアランの兄弟が仲良く演奏する姿を見れる日が来るとはね。

二期も楽しみっちゃあ楽しみなんだけど、カタリナの周りの人たち(特にメアリやソフィア)の出番が大幅に減らされそうで不安。

広告

Comments






非公開コメント