Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー第197話「B級中位最終戦」の感想

ワールドトリガー第197話「B級中位最終戦」の感想

2020-06-04 (Thu) 00:01

B級中位最終戦、自分的にはガールズチームの那須隊一択かと思いきや、香取隊の葉子ちゃんも捨てがたいという←

ちょっと投げやりな冷めた感じなのが、逆にそこはかとないエロさを…と半分冗談はさておき。

おいおいおいおい香取葉子がスパイダーって、まさか葉子ちゃん一人で修&遊真の両方の役割をやるつもりか…!?

これ普通なら葉子ちゃん無双になりそうな展開だけど、諏訪隊が香取隊を警戒してるからなあ。

香取隊が妙におとなしいのが胡散くさい→新トリガーor新戦術に警戒→スパイダー不発…なんてことになりそうで怖い。

使えるメガネと使えないメガネというお話。

同じ地味メガネキャラでも、今回こうして麓郎の口だけの無能っぷりを見せられると、(周りの人達がすごすぎて気付きにくいけど)実は修って有能だったんだなあと。

あと香取隊のもう一人の隊員、三浦が隊長の葉子ちゃんをかばって退場していたのが、ちょっとカッコいいなと思ってしまったわけで。それが片思いの相手ならばなおさら。

もちろん那須隊の女の子たちも良かったし、やっぱり戦う女の子っていいですよね!

狙撃手の先輩の最後の試合、か…

でも違う意味で変態揃いのスナイパーの中で、茜ちゃんはあざとい以外には特にこれといった特徴もない平凡な子だと思ったけど、今回はそれなりに存在感を発揮していたので、次回の戦いぶりにも注目したいです。

広告

Comments






非公開コメント