Top Page › ジャンプ(SQ.) › 恋獄の都市 › 恋獄の都市第26話「歓迎会」の感想

恋獄の都市第26話「歓迎会」の感想

2020-02-23 (Sun) 21:22

うおおおお雪子ぉおおおっ!今助けに行くからなあ!!

味覚以外の全ての感覚を奪われてるとか雪子可哀想すぎだろ。
あの管理者野郎よくも俺らの雪子神を…!!

というわけで我らが雪子神がヤバい管理者野郎に身体の自由を奪われて捕まってしまい、今度は真がまんまとおびき出された第26話の感想です。

あの管理者は俺が想像していた以上にヤバい野郎だった。

だって男なら普通、目の前で雪子のようなエロい身体つきの女の子が身動き取れなくなっていたら、絶対エロいことするだろ!?
なのにこいつときたら雪子に目もくれないとか、男としてはぶっちゃけあり得ないし!

とまあ半分冗談はこれくらいにしておいて。

今回は真があの管理者の刑事…谷迫だっけ!?と対峙することになったわけで。

今回の管理者とのやり取りで、真が何よりも雪子のことを第一に考えて、雪子を見捨てずに助けようとしてくれたのには、グッときたね。

ラストの愛のドリンクを通しての真と雪子のやり取りには全俺が泣いたし。

こうなったら頼りになるのは真お前しかいない、なんとかして雪子を元に戻してくれー!

広告

Comments







非公開コメント