カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 鬼滅の刃 » 鬼滅の刃 第195話「めまぐるしく」の感想

鬼滅の刃 第195話「めまぐるしく」の感想

2020/02/22 21:17 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

ここでの無惨様の最大の失敗は、縁壱の時みたく逃げる時に無数の肉片に分裂しなかったことだと思う第195話の感想です。



まだ他の柱達が復活していないこのタイミングでの逃亡という判断は決して悪くなかったんだけどね。

相手が縁壱よりもはるかに劣る炭治郎と伊黒の二人だけだから、走って逃げられるとでも思ってしまったんかね。

逃げる無惨様を足止めした炭治郎の剣投げ?があいかわらずえぐい件。

猗窩座の時といい、もしかして炭治郎は剣で斬るよりも投げる方が強いんじゃ…!?

伊黒が文字通り蛇の鏑丸と視覚を共有する形になったけど、これ炭治郎も誰かとやればいいんじゃね?
目が良い隊員といえばカナヲとか。

息切れ、体力の限界ってもしかして無惨様おじいちゃんマジでヤバい!?

すっかり窮地に追い詰められた無惨様がここから大逆転する方法を急募。

・今からでも遅くないので肉片に分裂して逃げる
・禰豆子を食って太陽の弱点を克服&パワーアップ
・そういえば上弦の伍(新)ってまだ登場してないよね

俺が思いつくのはこれくらいだけど、他に何かある!?


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 97話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月5日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告