カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 鬼滅の刃 » 鬼滅の刃 第194話「灼熱の傷」の感想

鬼滅の刃 第194話「灼熱の傷」の感想

2020/02/18 05:21 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

伊黒の蛇(鏑丸)すげぇ笑



っていうか、この漫画、蛇も猫もカラス(あとスズメ?)も動物みんなすごすぎだろ笑

「あのような畜生に私の攻撃が読まれているだと?」
毎度毎度人間達に意表を突かれてブチ切れる無惨様が面白すぎる件←

爆薬、石油?、毒(薬)、動物…
無惨様を倒すためなら使えるものはどんなものでも使うという人間達の考え方は嫌いじゃないけどね。

「老化薬の影響…まだ分解できないのか」
それ分解したら多分次の薬の効果が発動しちゃうのですが…
しのぶと珠世のドSコンビのことだから、次はさらにもっとえげつないやつにしてくるに違いないし。
次の薬は一体どんなやつなのか今からドキドキワクワクが止まらないぜ!(←鳴女さんを切り捨てたこと根に持ちまくりです)

「珠世さま 炭治郎を守ってください」
愈史郎は(珠世以外の人間に対しては)もっとドライなやつだと思っていたので意外だった。
ちょっと愈史郎に対する見方が変わってきちゃうじゃないか。

「古傷だ 縁壱さんがつけた傷だ」
うっこれは…さすがの無惨様でも負けちゃうかもしれない気が段々してきたんだけど…


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 90話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント9巻:5月15日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年5月19日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月3日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告