カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » オリエント » オリエント 第77話「退けない訳」の感想

オリエント 第77話「退けない訳」の感想

2020/02/16 22:25 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

明日の淡路島作戦を前にして、武蔵×八咫郎、直江×静六、武田×四郎、てな感じにあちらこちらで因縁ができまくりな件。

やっぱ大高先生が描く人間同士の人間ドラマは面白い…ってなんか前にも同じこと書いた気がする。

直江

静六許さんと言っていた直江の表情がいいね実にいい←

個人的には上杉武士団には大して思い入れがなかったんだけど、さすがにあそこまで静六になめられおちょくられてしまうと、どうにかして直江には意地を見せて一矢報いて欲しいと応援せずにはいられないんですよね。



それにしても上杉武士団の淡路島作戦、見事に黒曜石兄弟達に筒抜けですな(苦笑)。

また何もできないままあっさりとやられちゃいそうで怖い。

でも頭が切れる直江や黒子のことだから、スパイの存在も作戦が筒抜けなのも承知の上であえて相手の裏をかくために…という可能性はないですかね!?

八咫郎

「明日は何もせず本陣で休んでいればいい。おまえが弱いのはおまえのせいじゃない。」
あーあ、前回武蔵から女神を回収するのに失敗して、八咫郎ってばついに無能の烙印を押されちゃったか…

八咫郎が清六にむしろ哀れみの表情で慰められているのを見て、なぜか全然無関係のはずの俺が(八咫郎に現実の自分を重ねてしまい)ショックを受けてしまっている件←

四郎や静六の前で急にオドオドしてしまうところとか、まるで現実の自分を見ているようで辛い辛すぎる。

八咫郎はみちる姫に酷いことをした最低のゴミクズ野郎には違いないんだけど、どうしても憎み切れないのはきっとそういう理由なんだろうなあと。

武田×四郎

まさか武田があの四郎と互角にやりあうとは、正直俺も武田のこと見くびってたごめん。

もし本当に武田が四郎と互角に渡り合えるのならば、ちょっとだけ勝てそうな気がしてきたかも。

島津小隊

てっきり大人達と一緒に逃げたものだとばかり思っていたらまさかの置き去りとか…

前回、直江は武蔵が作戦の重要な切り札だと言っていたけど、武蔵を島津小隊に戻すのかどうかが気になりますね。(小次郎やつぐみとは別々になるようですが)

みちる姫

とりあえずまだ無事?でちょっと安心したけど、やっぱり今のみちる姫を見るのは辛いあまりにも辛すぎる。

武蔵には一刻も早く八咫郎を倒してみちる姫を救い出してあげて欲しい!!

武蔵

そのためにも是が非でも黒曜の女神の力を使いこなせるようになって強くならないといけないわけで。

今はもう武蔵の何か掴めそうな気がするという心強い言葉を信じるしかない!頼むぞ武蔵!!


広告

関連記事
No title
>島津、置いてきぼりとは父親もしくは母親に死ねば良いとか思われてるのかな。
あーたしかに妾腹の三男坊やら四男坊(by尼子)という立場的にもここで死んでくれた方が都合が良いと思われていそうですよね。
[ 2020/03/01 22:16 ] [ 編集 ]
みちる姫
武田もっとぼろぼろになってると思っでたのに互角とは。
みちる姫完全に忘れていないようでよかった。武蔵の事いつか思い出すかもしれないですね。
しかし八た郎の嫉妬心が武蔵に向かうのが怖い。
島津、置いてきぼりとは父親もしくは母親に死ねば良いとか思われてるのかな。キングダムの激戦地にばかり息子をだす父親(継父)を思い出しました。
[ 2020/02/25 01:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告