カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 鬼滅の刃 » 鬼滅の刃 第191話「どちらが鬼か」の感想

鬼滅の刃 第191話「どちらが鬼か」の感想

2020/01/27 20:54 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

いよっしゃあ無惨様が鬼狩り共をまとめて撃破ぁっ!!無惨様強い強すぎるぅうううっ!!

…と、勝利の喜びもつかの間、やはり最後に立ちはだかるのはお前か竈門炭治郎ーっ!!!!



なんかよくわからないんだけど、炭治郎がヤバい。
もちろん見た目のヤバさもさることながら、身にまとっている雰囲気とかがさっきまでとはまるで別人のようでマジヤバい。

でも俺らの無惨様ならきっと、(縁壱を重ねた)炭治郎を倒して、禰豆子も倒して、完璧なまでの勝利によって、縁壱の時から続く長きに渡る因縁を終わらせてくれると信じてる!

というふうに基本的には無惨様を全肯定している自分でも、無惨様がカナヲを殺せなかったのにはちょっとホッとしてしまったんですよね。
自分的にはカナヲは鳴女さん、アオイの次くらいに好きな女性キャラでもあるので…

おそらくほとんどの読者の人たちは炭治郎、顔があんなになっても戦い続けるなんて、とても見ていられない辛い辛すぎると思うんだろうなあ。
なにしろ無惨様の俺でさえちょっと心動かされそうになったくらいなので。

でもだからこそ無惨様には勝って終わらせてほしいと思わずにはいられないわけで。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 81話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント8巻:2月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は3月22日(日)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告