カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 鬼滅の刃 » 鬼滅の刃 第188話「悲痛な恋情」の感想

鬼滅の刃 第188話「悲痛な恋情」の感想

2019/12/23 00:01 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(2)

(あるキャラの回想シーンを見て)女の人って怖いガクガクブルブル…

ここにきてますます激しさを増す無惨様の攻撃!!
たとえ柱5人が相手でも負ける気がしない!!
無惨様強い強すぎるぅううううっ!!!!

そして今回ついに柱から脱落者が…!?



ああやっぱ蜜璃が一番最初に脱落したか…

蜜璃が無惨様にやられてすぐに伊黒が駆けつけてきて他の柱達が無惨様の前に立ちはだかったのには、無惨様派の自分でもちょっと感動しかけてしまったじゃないですか。
それに比べて無惨様ときたら具体的に誰とは言わないけど鳴女さん…

いくら無惨様派の俺でも無惨様が蜜璃を殺すところは見たくなかったし、
(無惨様の動きも見えていなくて足手まといにしかならなかったので)むしろこういう形で脱落して良かったのかも。
もしあの状態の炭治郎が生き返るんなら、おそらく蜜璃も助かるだろうし。

それにしても無惨様の攻撃を避けたはずの蜜璃に当たったのは、アレは一体どういうことなんだろう!?
もし無惨様が縁壱との敗戦から死にものぐるいで強くなって編み出した新技だとしたら胸熱なんだけど。

伊黒の生まれ育った境遇には同情するけど、どうも話を聞いている限りだと、伊黒の一族が利用していたのがたまたま鬼だっただけで、鬼がいなかったとしても別の強くて悪い何か(たとえば腕自慢のならず者達とか)を利用していたような気がしてならないんだよなあ。

つまり何が言いたいのかというとお前ら何でもかんでも無惨様(や鬼)のせいにしすぎ、無惨様が可哀想だろ…とはちっとも思わないけど。

あと炎柱はどの時代でもカッコ良すぎ。でもあれ多分煉獄パパなんだよなあ…


広告

関連記事
No title
私も従姉妹が一人だけ生き残ったのが良い事なのかどうかがわかりかねます。
あの様子だと別の場所で第二第三の伊黒の悲劇を起こしていても不思議ではないですし。あるいは過去なんてなかったかのようにしれっと幸せな人生を送っているかもしれませんが…
[ 2019/12/30 19:32 ] [ 編集 ]
上等な着物を着ながら人身御供にした伊黒さんを罵倒した従姉妹がその後どうなったか気になりますね。
大正こぼれ話で明かされるかもしれませんがあの様子では罪の意識がなさそうですしろくな人生歩んでなさそうですね。
煉獄パパもよかれと思って引き合わせたのに守るべき人間が鬼に与して人命と財産を奪って贅沢に享受してたり自分の息子と年の変わらない子どもが人身御供にされたあげく理不尽な暴言を吐かれて辛かったと思います。
あかざのときといい人間を鬼にしてしまうのは人間なんですね。
[ 2019/12/24 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 64話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月20日(日)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告