Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › 青の祓魔師 第113話「SsC40:00d」の感想

青の祓魔師 第113話「SsC40:00d」の感想

2019-08-03 (Sat) 16:43

雪男の裏切りでイルミナティ内における志摩の立場が危うくなりかねない件。

雪男の監視役としての役割を果たせなかっただけではなく、(ライトニングからの伝言を伝えて)雪男の裏切りを後押しすらしてしまっていますからね。

志摩が「あのひとこれを狙っとったんか!」と言ったのがイルミナティ連中に聞かれていないことを願うばかりです。

志摩にとってもここが人生の分岐点?運命の分かれ道?的なものになるのではないかと。

このままイルミナティに残り続けるか、それとも引き続き雪男と一緒に行動をするか、あるいは雪男を追いかけるフリして一人で逃げ出すか。

ぶっちゃけイルミナティの要塞の場所が正十字騎士團にバレた時点で、志摩は二重スパイとしてもう任務完了してる気がしますしね。

そんでもって藤堂あいつ一体なんなんだよ、誉=女隊長と父娘だって!?
最後の最後で衝撃的な事実がさらっと明かされて、うらやましいぞこんちくしょう!←

これまでも雪男はイルミナティの仲間にならないけど、力は利用させてもらうと何度も何度も言っていたのに…
ルシフェルをはじめとしてイルミナティは雪男の裏切りを予想できなかったのが不思議なくらいです。

藤堂はどうなんですかね?
これまでも雪男に対して何度も正直に生きろ的なことを言っていたし、今回も意味深な視線を送ってきていたし、もしかしたら藤堂だけは雪男の裏切りを予見していたのかも…というのはさすがに考えすぎでしょうか。

俺もライトニングには何も打つ手が残されていないものだとばかり思っていたので、正直ライトニングのことがちょっと怖いんだけど。
っていうか、地球儀を持って寝そべっているシーン、ちょうど出雲のスカートの中が見えそうな角度なんだけど…はっ、もしかしてそれもライトニングの計算の内だったりするのか…!?

んでもって今回の雪男の行動についてだけど、雪男は別に改心したわけでもなんでもなく、雪男にとって正十字騎士團もイルミナティもどちらも敵なのは変わっていなくて、自分の信じる正義のために突き進んでいるだけに過ぎないんだよなあ。

って、ちょ、雪男、おま、さっきの藤堂みたいな表情して、上級悪魔をも殺せる銃を持ち出して、一体何と戦うつもりだよ!?
(サタンを殺す=自殺するためという可能性もなくはないけど)燐と雪男が殺し合うのは見たくないぞ!

広告

Comments






非公開コメント